それから。

投稿日:2018/04/14 20:57:47 | 文字数:402文字 | 閲覧数:43 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

朝早く公園は 生まれたての光
世界中 夜の色 リセットして回る
今だけは そう何も君を傷付けない
もう二度と僕の手を離さないと言って?

何も知らないまま生まれて
生きていくだけでも何度も泣いた

だんだん消えていくこと 僕も
願った それでも 叶わないでしょう?
大事にするから 君の全部
悲しい記憶も 預けてみてほしい

僕たちは似てるから 君を見つけられた
今にでも溶けそうな 足跡だったから
君のこと救いたい それは単なる僕の
エゴイズム わかってた それでも押し付けた

何も知らないから笑った
いつの間にかそれもできなくなったね

生きたい 死にたい どちらにせよ
どこかが痛いの 逃げられないこと?
ゆっくり眠って 夢だけ見て
夢から醒めたら 僕の側においで

どこまでいけるか 僕ら二人
弱くて それでも 怖くないでしょう?
今はさ眠って 夢だけ見て
夢から醒めたら どうか側においで

椎名もたさんをよく聴きます。こちらでオリジナル歌詞を少し投稿してみようかと思います。明るい曲はあまりありません。
書き溜めているのもあるので、歌詞先で良ければそちらを提供してコラボできます。曲先でメロディーをいただいて歌詞をつけることもできますが、忙しいときはお受けできないことがあるかもしれません。優しい歌に、悲しい歌詞を付けるのと、ロックにロックの歌詞をつけるのが好きです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP