製造少女

投稿日:2012/02/22 00:02:04 | 文字数:437文字 | 閲覧数:101 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
雨降りの月曜日 壊れ掛けの香りで
見付けた 気が する 愛した 此の手の 傷の意味とか

曇り空の火曜日 無機質 なお昼は
おちてく 気が する 憎んだ 痛みとか  
A
晴れた今日水曜日 些(ちっ)とも、恐くは無い
お空を 見あ げて さよなら 偽り の私とかに

きっと雨木曜日 明日も 同じ日々
溺れる 気が する 愛せど 何も無い      
B
存在 既存 かつて 生かされ 大量生産
声を 張り上げても 潰され白紙にされて
結局 廃棄になった 希望 求めて  
無理矢理作り上げ 歪んだ思想になる
サビ
ねえ ママ あたしは どうして こうして
あたま 腫らして いきているのでしょう?
C
でもね いい子で ご褒美 待ってたのよ
笑って 居れば良い それはつまりあたしでは無い  
サビ
ねえ ママ あたしも あなたと こうして
真っ赤で 無口に 死んでしまいましょう 
ねえ ママ あたしは どうして こんなに
あたま 腫らして いきていたのでしょう?

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP