投稿日:2017/08/31 13:53:38 | 文字数:568文字 | 閲覧数:166 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

未来を夢見て泣いたこと
手を繋いで笑ったこと
長い前髪 低い声 そのぬくもり
大丈夫だよって泣いたこと
また会おうねって笑ったこと
広い背中 その香り その眼差し

駅へと続く一本道
その終点が終着駅
いつまでも終わらないでと願った
空へ飛び立つ白い翼
君を連れ去る白い翼
そのまま消えていってしまいそうで

テーブルには冷めた紅茶
つけっぱなしのままのテレビ
君の面影が残ったままの部屋
飛び出した秋の夕暮れ

たった一言が言えなかった
それだけのことなのに
その一言が今も私を締め付ける
こんなに静かな夜なのに
後悔の言葉だけが
無情に胸に降り注ぐ


君を連れ去った翼に
飛び付いてやっとたどり着いた
白い部屋に横たわる白い布
静かに眠るその顔は
あの頃よりも幸せそうで
かける言葉も見当たらなくて

テーブルには冷えた紅茶
つけっぱなしのままのテレビ
君の面影が残ったままの部屋
ひとりぼっちで眠る夜

たった一言が言えなかった
それだけのことなのに
その一言は空に溶けて消えた
こんなに騒がしい街なのに
心はとても穏やかで
虚しさだけが降り積もる


未来を夢見て泣いたこと
手を繋いで笑ったこと
君の髪 君の声 君のぬくもり
大丈夫だよって泣いたこと
また会おうねって笑ったこと
今はもうそのすべてが君のおもいで

作曲者様・絵師様・動画師様、少しでも気になったら気軽にメッセージください。歌詞使用の際は事前に一言確認してくださると助かりますm(__)m
楽曲募集タグのない作品は自分でDTM練習に使っているか既に作曲者様がきまってる可能性がありますので。

もっと見る

もっと見る

▲TOP