憂鬱な少女とありがちな毎日

投稿日:2012/06/08 20:29:33 | 文字数:620文字 | 閲覧数:35 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

意味深に吐息を漏らした彼女を知っている人はいるのだろうか。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ねえ ねえ 昨日の夢
忘れちゃったよ 思い出せない
目が覚めたとき とっても嫌な汗
温くて苦しい息を吐いたの
それだけが妙に 生々しく残ってる あぁ

カーテンを閉めて寝ること いつも忘れちゃうから
夜がやけに明るくって 少し悲しくなるんだ
朝は憂鬱に眩しい光 お布団突き破って刺さる
今日もまた 中途半端にほぐれた体 あくびしながら荷物背負う

はだしで外に出たら 小さい石でもずきずき痛くて
ちっとも前に進めないや
太陽に見張られてる そんな気がしたから
思わず湿った影に隠れた 臆病者はわたし

一つくらい自慢したって
二つくらい褒められたって
三つくらい前に出たって
わたしだっていいじゃない

人に紛れて息をするのも 独りぼっちで溜息吐くのも
どっちも選びたくないの 真ん中いつも探してる
誰かの中のわたしと わたしの中の誰か
ずれていくちょっとずつ 挟まれているジレンマ

すがおを晒して歩いたら 視線がじりじり心に沁みて
ちっともねこぜ治らないや
屋上でひとり 空見上げながらわざと
落ちていく体想像して 安心したわたし

ふらふらと冷蔵庫の前 何もないの分かってるのに
何回も扉開けて ぼーっと見つめる「おなかすいた」
なんでかな。

傘も差さずに雨に濡れたら 雫がぽたぽた髪を伝って
ちっとも涙流れないや
ありがちなドラマのワンシーン 好きな音楽の歌詞のフレーズ
演じてみても感傷浸れない 中途半端なわたし
何もないわたし

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP