0番線

投稿日:2014/12/18 16:35:29 | 文字数:205文字 | 閲覧数:31 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞ですよ

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

そっと溜息をついた。
色のない風が流していった。
疎らに散った足跡が代わる代わる、
いつの間にかを繰り返した。

また明日も、次の明日も、
同じでありますように。
擦れた切符を握り、
ポケットに隠して――

足元、滲みついた影に、
ふと、笑いかけてみたんだ。
とても自然に出来たから、嬉しくて。
もうそろそろ慣れたのだろう。

また明日も、次の明日も、
同じでありますように。
冷たくなった夜に足跡を残して――

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP