神葬るは処女の清らかさ

投稿日:2008/11/19 00:09:05 | 文字数:393文字 | 閲覧数:126 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

KAITOの歌詞(「偽りの~」)と対になってます、MEIKO視点で
故に病んでます

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

貴女は微笑み、消されて逝った
貴女が神を赦しても、私は神を赦せない
貴女の存在理由は私の存在理由

だから・・・今こそあの神に・・・懺悔させましょう

紅い花は鎖のように 私を冷たい闇に縛り付ける
貴女はその手で鎖を掴み 手を朱に染め 私を解き放つ
貴女は微笑み、導き、未来をくれたのに

神よ、何を恨むのですか?
彼女の何を恨む事ですか?
消され逝く貴女、それでもそれでも 貴女は美しく微笑むから

貴女は罪人などではないのです
貴女は消されるべきではないのです
罪人は誰・・・消されるべきは誰・・・

これが神の下した決断ならば
私はそれに争おう
貴女の存在を消すというのなら
私は神を否定し消しましょう

罪人は消されるべきだ
あの神は消すべきだ

貴女のくれた私の存在理由
私は貴女を守ることで、自分の存在を確かなものにしてみせる

だからどうか、貴女よ・・・・消えて逝かないで

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP