空っぽ / Chinozo feat.Hatsune Miku

投稿日:2020/02/21 23:03:43 | 文字数:557文字 | 閲覧数:59 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

物語の中心 そこにいつしか僕はいなくて
ただ空っぽの美学に 酔いつぶれたのはいつだっけな
さしづめ今日も歌って
そして刹那に取り残されて
あんな声を届けてしまったあの夏の詩

物語の中心 そこにいつしか僕はいなくて
ただ乾いた言葉を 腐ったメロディに乗せた青
さしづめ全て未開性
今も変わらぬ問いに迷うせい
ごめんね

誰誰誰 駄目だって問いかけ
ここにいるよ ここにいるよ
気づかれぬこと悔やんで
群青に染まっていた思い出に 縋り付いて


物語を終止 そしてここから詩を書く囚人
たまに目を閉じたくなる風刺
闇に飲まれた日もあったけど
3,2,1 せーの 脱ぎ捨てて
中身もなくたってさ
嫌々の音を今こそ放つのさ

叫びたくて たくて あの日の僕に届けたくて
最低って泣いて 籠もってないで
雲間に見えた何かにそっと 手を伸ばして
君を想った 動き出した

あぁもう
駄目駄目駄目 誰だって嘆いて
踠いている 踠いているって知っている
だからきっと
君に胸張っていれるように
両手広げて あの空の向こうに

枯れた風に吹かれて
気づく僕のいる意味
錆びたフレーズ 裸足のまま 歌う Ah


青空に向かって目逸らして
踠いている 踠いている
あの感情を信じてさ
群青に染まってた思い出さえ
歌になれ さようなら

曲投稿がんばります
twitter→https://twitter.com/BravelyReasons

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 空っぽ / Chinozo feat.Hatsune Miku

    by Chinozoさん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP