ゆきそら

投稿日:2020/11/24 20:04:41 | 文字数:321文字 | 閲覧数:37 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ゆったりとした歌詞を書いてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

やっぱり当たったな
初雪の観測予報
この街にも降り積る
季節になって来た

この地に降り立つ瞬間に 
感じる風を憶えている
かじかんだ手をポケットに
入れて、約束の場所へ


会いたいと待ちわびる


忘れられない冬空 
照らした夜の景色に 
映る二人のこれからを
信じていたい


はっきりしたんだな
お互いの夢の在処(ありか)
歩んだ馴染みの道で
溶ける雪に抜かるんだ

僕達の思い描く明日に
なっていると信じた
君の冷たい手を握り
締めて、大丈夫と言った


消えないでほしいよ


チラチラと雪空
銀色に光る景色に
映る僕達のこれからの
向うを見つめて


忘れられない冬空 
照らした夜の景色に 
映る二人のこれからを
信じていたい

気軽に思った歌詞を書いています。なので気軽に見て下さい。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP