フライトスクール歌詞

投稿日:2014/04/16 22:40:43 | 文字数:672文字 | 閲覧数:15,378 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

http://www.nicovideo.jp/watch/sm18821235 の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

フライトスクール





随分先へと飛び抜けたが 合図はここで
疾しい真似だと疎まれたが 勲章が全て

ゴーグルの下は 震える双眼
空は地獄だ 愛は無かった
手袋の下は 汗ばむ肌
離陸の前はただ 追い風を願った

空を食らう 鳥の群れに酔って飛んだ
風に紛れる宣教師から 耳を塞いだコックピット
緊急回避 追手を撒いて言った
ザーーー
「こちらさっきのように飛べるのだ」
「こちら一機のみで問題無しだ」

優しい人だと撫でられたが 天才の後
教育者達は数を説くが 真に欲しいのは

イエスかノー 倫理の果て
どうして今まで 生きているのか
正義の靴底 悪の涙腺
いつしか身を委ねた 飛行機の行方

地図の印の 口車に乗って また
雲の海原に飛び込んで 意識が飛ぶのを待つ
間違い探し 鏡の前に立ってピース
それは立派な笑みの中にある
およそ死んだ顔の証明写真(パスポート

誰かの乗った飛行機はまだ ここまで来てはいないが
配線のイったプロペラはまだ 回り 告げる 「ここで合図」

点数稼ぎは功を奏したかい どうだい
君の机の上に積まれた 参考書達の墓碑
管制塔は口を揃えて言った
ザーーー
「君のさっきのアレは良くないな」
「君のずっと前なんてどうでも良いな」

後部座席で 繋ぎっぱなしのトランシーバー
ここに逃げ込んだあの日から 欠かさず応答を待ったが
管制塔は口を揃えて言った
ザーーー
「君のさっきのアレは良くないな」
「君のずっと前なんてどうでも良いな」
「君の飛んだ意味なんてどうでも良いな」
「君のことなんてどうでも良いな」

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP