玩具屋カイくんの販売日誌 meet the ツクヨミ少年

投稿日:2016/11/26 20:25:15 | 文字数:1,286文字 | 閲覧数:61 | カテゴリ:小説

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

それを聞いて、リンちゃんの好奇心がムクムクと湧き起ってきた。

「あのー、もし良かったら、会わせてもらえませんか。そのツクヨミさんに」
リンちゃんの言葉に、ベニスズメさんは目を見開いた。
「え? ええ、いいですよ。でも...」

口ごもる彼女に向かって、くったくのない笑顔を見せるリンちゃん。
「平気ですよ。別に、なんか文句を言ったりはしないから」
片目をつぶる。
「今回はお仕事で、お世話になったんだし」

笑って、うなずくベニスズメさん。
それを見て、おずおずと駿河ちゃんが言う。
「あの~。私も、お邪魔していいですか? 私は、部外者だけど...」

じっと彼女を見ていたが、ふっと表情がゆるみ、うなずいた。
「いいですよ。じゃ、こちらです」


●月光企画の部屋

2人は彼女の後について、古い建物の玄関を入った。

入り口には、ちょっとものものしい装飾の柱がある。
そんなに豪華で立派という建物ではないけれど、品が良くこじんまりとしている。
ただし、古い。昭和...を通り越して、大正の時代の趣さえある。

3人は、石造りの階段を上がって、(もちろん、エレベーターなど、無い)
3階まで上がって行った。

階段の手すりは、シンプルだが御影石でできている。

3階の廊下に出た。各部屋の外壁は、昔なつかしいモルタル造り。
廊下のいちばん奥にある、目指す部屋の前に来た。

入り口の扉にも、セメントで、ちょっとした装飾が施されている。さほど大きな部屋ではなさそうだが、感じの良い入り口だった。
扉の真ん中に、郵便物を入れる細長い穴がある。
その上に「月光企画」という浮き彫りがあった。

古めかしい作りだったが、いちおう扉の横に、インタホンがついている。
ベニスズメさんは、そのボタンを押した。
はい、という、男の子のような声がした。


●どこかで見たって...あれ?

「わたくしです。お客様お連れしてますけど」
口を近づけて言う、ベニスズメさんの声に応えて、扉がゆっくりと開いた。

でも、開けた人が誰もいない。...のではなかった。
ちょっと下から、こちらを見上げている顔があった。

少年、10歳くらいの少年の顔だった。

くりっとした目。七三ではないけれど、小ざっぱりとまとまった、ちょっと長い髪の毛。
その子の顔を見て、駿河ちゃんは、あれっ、と思った。
どこかで見たことがあるような...。

「ごめんなさい。いま、大丈夫?」
ドアを外から開いてささえて言う、ベニスズメさんに、少年はこくりとうなずいた。
そして大きな目を見開いた。
「あ、リンさん、じゃないですか」

リンちゃんも、目を大きく見開いて、その子を見つめてた。
「ツクヨミさん、ですか?」
思わず聞いたリンちゃんに、少年は「はい」と答えた。

あっ、そうか!
駿河ちゃんは、見合っている2人を見つめて、思った。
「ペッパーくん、だ。そっくりよ」

少年は...。ロボットのような感じの子どもだった。
「どこかで見た、って思ったけど。この子、そうだ。ペッパーくんにそっくりだ」 σ(゜・゜*)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP