この世に生を受けるとき この世からいなくなるとき
何らかの理由があるはず そう思わないとやり切れない

誰かに感情をぶつけ 何かを成し遂げた気分
馬鹿げてるよね

シリアスな夜 シリウスを見る
知らないことを恥じるだけ

その澄んだ瞳に映るモノ 綺麗でも汚れてても ただ写す
ありのまま そうして染まってく
その澄んだ瞳に映すモノ 誰の責任になるのかな? ただ写す
あるがまま そうして染めてゆく いつの世も

シリアスな夜 シリウスを見る
不条理な世界 生きるだけ

その澄んだ瞳、翳る時 綺麗なもの汚れてたと ただ思う
ただ嘆く そうして過ぎてゆく

空は澄んでいる いつのときも 何故そんなに青く輝く
わからない 判らない そのまま果てるだけ
いつの世も

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい
  • 作者の氏名を表示して下さい

終わりのない悲しみ

不条理な世界を生きる。

閲覧数:51

投稿日:2016/02/27 07:52:48

文字数:333文字

カテゴリ:歌詞

オススメ作品

クリップボードにコピーしました