ミステイク

投稿日:2020/06/29 07:57:13 | 文字数:149文字 | 閲覧数:609 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ミステイクの歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

南から淡く目覚めていく
くすぶった声を押し込んで

まつ毛の先の鈍い光それを誰も無視した
壊れかけてた鳥はうずくまって潜めていた

すくった砂の様に風に流れた
虹の彼方に浮かんでは消えゆく模様

人はそう花に例えるけど
花ほどの可憐さなどないもの

この世界で降り注ぐ雨ほど
悲しげに響く音はないわ

気ままな作曲家です。
iPhoneで作っているのでiPhone以外で再生すると
変な風に聞こえるかも知れません。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 初音ミク「ミステイク」オリジナル

    by SA-TOさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP