いつか見た、雪の白さ

投稿日:2020/03/09 00:03:07 | 文字数:219文字 | 閲覧数:84 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ひとりごと いつも同じで
つぶやけば すぐそばに君の面影

はにかむ笑顔 思い出すたび
冷たい手 温めたい

泣いている 震える小さな背中は
少しだけ 色褪せた日々の記憶

白い雪が ひらひら ささめいて
冷たい風 頬を撫で通り過ぎていく

懐かしくて 零れた涙は 優しく
君の温かさに とけていく


君の姿 探して さまよった
君の名前 枯れた声で 呼び続けていた

白い雪が ふわりと 頬に舞い降りて
「さよなら」を告げ 消えていく

物語を妄想して投稿したり、
音楽を作って投稿したりしています。

いつまで続くかはわかりませんが……。
よろしくお願いします。

※ヘッダ画像は2015年にタワーレコード様から発売された缶バッヂの文字を勝手に使っています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • いつか見た、雪の白さ

    by ganzanさん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP