Ihju'ivarda

投稿日:2012/04/05 00:22:40 | 文字数:596文字 | 閲覧数:114 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

あい言葉は、アイヒューイ・ヴァルダ。
環境依存文字が表示されないため、便宜的に記号’を用いています。
アポストロフィとしての役割もありますが、この表記では区別できません。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

もし私が言葉になれるとすれば
飾ることなくあなたに伝えられるだろうか
もし私が音になれるとすれば
真っすぐにあなたに届くだろうか

ずっと会いたかったけれどずっと会えなかったの
失うことそれだけが怖くて
時間(とき)がすぎていくうちに少しずつ記憶(ページ)がちぎれて
空に散っていってしまった

アイヒューイ・ヴァルダ あなたは今頃何をしているだろう
彼方向こう砂漠のこの街で溜息がこぼれた
もう二度と失くさないと決めたの
月を見るたび恋しくなっているの


もしあなたに言葉が届くとすれば
迷うことなく私を受け入れてくれるの?
まだ私とあなたとの約束は
忘れないままずっと守っているの

失わないためにずっと呟いてきたの
短い言葉一つだけでも
いつかあなたに会うとき頭の中が乱れぬように
こころに深く刻みつけたの

アイヒューイ・ヴァルダ どうしてあなたはそんなに遠くに
いるのでしょう? こんなにも会いたくてたまらないのに
もう一度記憶(ページ)を拾いあつめて
月を見てももう泣かないと誓うの


Ihju'ivarda, Lia au ihju'ort Ceo vel.
Di' Ceo au rimembi Lia vel?
Ihju'ivarda, ert au Si'kret'a
dsta iu do'Lia jund do'Ceo ounl.

Ihju'ivarda...

とっても忙しい和積アリスです。
どれくらい忙しいかと言うと、まあ某らなえ君よりは遥かに。


○作曲します・クラシック出身の点を考慮・POPSかけるように修行㊥


●数学とピアノが大好き・ヴァイオリンも好き・

最近は人様の書いた詞にかちゃかちゃとペンを走らせ曲作りですかね。
楽しいですよ。

作詞は、「m.-Die take2」以降何にもかけてません><
時間がほしい!!!

受験生は忙しくてほとんど発言できません・・・orz



驚愕(前)読んだ人です。九曜!!!!!!←

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP