KAITOful☆days #14【KAITOの種】

投稿日:2010/10/04 17:36:01 | 文字数:2,787文字 | 閲覧数:151 | カテゴリ:小説

ライセンス:

お疲れ、兄さん!
そして読んでくださった方もお疲れ様でした! 第2部、これにて終了です。
第3部はちょろっと新展開?も加えて執筆済みですが、さて『KAos~』との更新の兼ね合いはどうしようかな。

なんと前回・今回と、マスターが完全不在でした。1エピソード丸々不在って、自分でびっくりです。
多分この後、兄さんから報告とかしてるんだろうなぁ……と思いつつ書かなかったのは私ですがw
たまにはこんなのもアリでしょうか。あれ、「カイマス」タグ外すべき……?

 * * * * *
【KAITOの種 本家様:http://piapro.jp/content/aa6z5yee9omge6m2

 * * * * *
 ↓ブログで各話やキャラ、設定なんかについて語り散らしてます
『kaitoful-bubble』 http://kaitoful-bubble.blog.so-net.ne.jp/

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ほんのちょっとの悪戯心と、冒険心。少しだけの冒険のつもりで、すぐに帰れるつもりで。
なのに今、見渡す景色はあまりに広く、見下ろす地上はあまりに遠く。家が何処なのか、自分が何処にいるのかすら分からず、樹上から降りる事も叶わない。
わくわくと浮き立った気分は残滓すら無く、サイトの胸を埋めるのは不安と恐怖、心細さだ。
「おうち……ますたぁ……」
ぐすぐすと泣きながら呟く声も、共に鳴く猫にしか届いてはいなかった。



高い位置では、風が強い。夏風に吹かれ、ざぁ、と葉擦れが鳴る。その音は枝の上にいるサイトを囲み、一層不安な気持ちにさせた。猫の背で振り回された疲れが押し寄せ、それは烏に襲われた恐怖も思い出させて、新たな涙が次々に湧いて出る。
「ふぇ……ひっく……」
柔らかな頬をべたべたにしながら、それでも泣き叫ぶ事はしない。否、できない。疲れ果てている所為もあったが、烏に見付かってまた襲われたらと思うと、怖くて大声は出せなかった。

助けを呼ぶ、という選択肢も無かった。サイトは自分が『知る人ぞ知る』存在なのだと承知している。マスターは外にも連れ出してくれるが、他人に見付からないようにといつも注意していた。誰彼構わず姿を晒して、騒ぎになったり捕まったりしたら状況はより悪化してしまう。
「ますたー……ぐすっ…………おおきいの……」
心細さのあまり、青い姿が脳裏に浮かんだ。いつもマスターを取り合って、仲が良いとは言えない相手だ。素直に頼るにも抵抗がある。それでも。
猫がサイトを乗せたまま動き出した時、「跳び降りて」、とカイトは言った。いつも騒いでいる時にも出さないような大声で叫んで、本気で焦った声で。
「おおきいの……」
あの時なら、降りる事はできたのだ。そうしなくてはいけなかった。わかっていたのに、そうしなかった。悪戯心と、冒険心と、
慌てて――心配、してもらえた事が、くすぐったかったから。

カイトは追ってきただろうか。探してくれているだろうか。
考えてみても、楽観的にはなれなかった。猫が通ったルートはカイトには通れないだろうし、烏に襲われて滅茶苦茶に走り回った。おまけに今は樹の上だ。こんな高さでは見えるはずが無いし、声だってとても届かないだろう。
見付けてもらえる訳が無い。
そう思うとますます恐ろしく、猫にしがみついて淋しさに抗いながら、烏の事も忘れてサイトは泣きじゃくった。



 * * * * *

植え込みの向こうに消えた小さな姿を探す為に、カイトが頼れるのは音だけだった。
チリチリと軽い音を立てる、猫の鈴。そして聞き慣れたサイトの声。全身全霊を懸けてそれを拾い、後を追う。
(何考えてるんだサイトの奴……!)
思うけれども口には出さない。余計な音は邪魔なだけだ。全力疾走を続けて上がる呼吸音すら、邪魔だ。

行く手からギャアギャアと耳障りな騒ぎが聞こえ、胸騒ぎを覚えて無理矢理に速度を上げた。
やがて見えたのは撒き散らされた黒い羽根と、よろめきながら飛び去る数羽の烏。
駆ける足は止めないままに、黒の中にミントカラーが混ざってはいない事を確認する。最悪の事態にはなっていないらしい事に僅かばかり安堵して、改めて耳に意識を集中し直し、行くべき方向を探った。



音が途絶えて辺りを見回すと、小さな公園の中だった。人影も、探す姿も見当たらない。
ざぁ、と葉擦れの音を立てて、風が強く吹いていった。走り続けて火照った身体には心地良く、思わず目を細めて――はっと見開いた。風鳴りの中、ほんの微かに声が聞こえた気がした。ボーカロイドの聴力を持ってしてさえ、聞き間違いかと疑うほどに仄かな声が。
もう一度ぐるりと周囲に目を配り、息さえ殺して耳を澄ます。はためく音が邪魔で、コートとマフラーを押さえ込む。

「…………ぃ……」

やっぱり聞こえる!
目を閉じて全神経を耳だけに集中し、音の方向を探る。見えない糸を手繰るように歩を進め、
「この辺り……?」
公園の端で足を止めた。まだ音は遠い。しかし、これ以上進むとより遠のく。ならば考えられるのは、
「上、か?」
並んだ木立を見上げるが、よく判らない。こんなに枝葉の茂った中では、探す姿は小さすぎる。
「いるのか、サイト!」
見えないならば、やはり音に頼るしかない。カイトは樹上に向かって声を張った。
「いるなら応えろ! 腹から叫べ、お前も『KAITO』だろう!」



 * * * * *

叫べ、と叫ぶカイトの声が、サイトの鼓膜を振るわせた。
「――るです……ここにいるです、おおきいのー!」
涙に濡れた声のまま、ほとんど無意識に応えて叫ぶ。小さな身体の、ありったけを振り絞って。
「ここにいるです! 帰りたいですー!!」
「ミャアアー!」
救けと理解したのか、猫まで一緒に鳴き喚いた。



「っはぁ、やっと着いた……なんて高さまで登ってるんだ。だから降りられなくなるんだよ、もう」
サイト(と猫)のいる枝まで登りきり、カイトは安堵と呆れの入り混じった溜息を吐いた。
その姿と声に、糸が切れたのだろう。サイトが再び泣きじゃくる。
「ふ……うぁ、うわぁぁんっ!」
「あぁ……怖かったな。ほら、わかったから。もう大丈夫だよ、帰ろうな」
「ニャー!」
「あぁはい、猫さんも。っていうか、ひとんちの子供攫った挙句に帰れなくなるとか止めような……」



猫とサイトを抱きかかえて、カイトは帰路に着いた。往路は音だけに集中していたので道を憶えていないのだが、住所が分かれば何とでもなる。焦ることなく歩き出す。
「おおきいの、どうして分かったです?」
ひとしきり泣いて落ち着いたサイトが、カイトを見上げて首を傾げる。見付けてもらえて助かったけれど、見付けてもらえる訳がないと思っていたのに。
「猫の首輪が鈴付きだったから、何とかね。サイトの泣き声も聞こえたよー?」
苦笑気味に答えたカイトは、揶揄するように語尾を少々上げた。反省しなさい、とサイトをつつく。
それでもサイトが不思議そうな表情を崩さないので、小さく笑って付け加えた。
「俺はボーカロイドだからね。耳は凄く良いんだよ」

そう言ったカイトは誇らしげで、自信に満ちて見えた。普段は騒々しくて子供っぽいのに、こんな顔で胸を張られると格好良い。
(てれびで見た、「ひーろー」みたいです)
思ったけれども悔しい気がして、サイトは何も言わなかった。
慌てて追ってくれた事も、必死に探してくれた事も、無理だと思っていたのに見つけ出して、助けてくれた事も……全部、本当はとても嬉しかったのだけど。
(おおきいのは、大きいです……)
安心と疲れが押し寄せて、眠気にぼんやりする頭の端でそんな事を思う。
サイトの初めての冒険は、こうして幕を下ろしたのだった。

【お知らせ】テキスト投稿が非常に使い辛いため、こちらでは歌詞や音源のUPとコラボ関係のみに縮小、以後の小説投稿はすぴばる&ピクシブへ移行します。

■小説メイン時々歌詞な字書き……だった筈が、動画編集やボカロ調声、作曲にまで手を出してます。どうしてこうなった。

□ブクマやコメント、有難うございます! 転げ回るほど嬉しいですヽ(*´∀`)ノ
□オールキャラ書くけど9割KAITO。
□使えるものがあればお気軽にどうぞ。使用報告だけお願いします^^ 歌詞については、良識の範囲内であればアレンジや部分使用など改変していただいて構いません。多忙な時期でなければ、ある程度の調整も承ります。

■シェアワールドコラボ主催してます。参加者様募集☆ http://piapro.jp/collabo/?id=15073
■ブログなど
・『藍色書棚 -アオイロショダナ-』http://ioliteshelf.blog.so-net.ne.jp/ (投下テキストのシリーズ別リンク)
・【pixiv】http://www.pixiv.net/member.php?id=2555381
・【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/mylist/29644728
・【VCLFAN.NET】https://vclfan.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=46
・【ツイッター】http://twitter.com/y_airu

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

     こんにちは。第二部お疲れ様です。

     今回は人一倍の2424小説でしたね!(*´д`(撲 烏との戦闘シーンで少しドキドキしました。これサイトから見れば、自分よりでかい猛禽類なんですよね…私だったら耐えきれず泣きますw
     サイトの中で、兄さんの存在がかなり大きくなったのではないですか?まだ大きいの呼ばわりですがw サイトもこれを期に、兄さんへどんどん甘えたらいいy(←

     今回の話は初の三人称視点と聞きましたが、全然違和感がなかったです。一人称視点が書けて三人称視点も安心って、…その文才ください!←

     次は新展開とのことで、若干ワクテカが止まりませんw そういや、KAosの方でも冷食・アイス半額棚があるスーパー出てきましたね。まさかご近所さん…!?とか考えたり…(滅
     色々予想(妄想)して待ってます!

    2010/10/06 08:51:46 From  秋徒

  • userIcon

    メッセージのお返し

    こんにちは、ありがとうございますー!

    >烏との戦闘シーン
    時々無性にバトルシーンとか立ち回りが書きたくなるのですよー。ドキドキしてもらえて嬉しいですヽ(*´∀`)ノ
    私も泣き叫ぶか、それすらできず縮こまって震えると思いますw

    サイトと兄さんの関係は、いつの間にか随分微笑ましいものになっている気がします。サイトが甘えるようになったら、意外とカイトは絆されそうですね。
    いつかはそんな関係に辿り着け…るのかなぁ、あの2人はw

    >新展開
    ワクテカありがとうございます(´∀`*)
    あぁっ、でも『KAos?』の更新挟むので、種っ子第3部はちょっと先になります;
    『KAos?』第3楽章×5話の後になるか、第4楽章も入れて10話の後か…1ヶ月以上空くのは遠すぎでしょうか;
    色々予想もありがとうございます。楽しんでいただけると嬉しいです?(*´▽`)

    2010/10/06 16:23:22 藍流

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP