もう一人の自分

投稿日:2010/05/12 22:39:30 | 文字数:321文字 | 閲覧数:113 | カテゴリ:小説

ライセンス:

なんとなく序章っぽい感じです。一応ランの服装の詳細をのせておきます。もしよかったら書いて見てください。

髪形:肩の長さ位のポニーテール、白のリボンでとめてある(リボンの結び目に髪が入っている)左の前髪に白のピンどめを一つ着けています。服装上:半袖セーラー(ただしレンより袖がスッキリしている、袖のみが透けていて左腕のタトゥーが見える位)記号は八分音符、リンはスカーフですがランはスカーフではなくリボンです。(形は高校生制服のリボン) 服装下:膝上キュロット、若干スカートに見える位でチェーンロックはレンと同じ右側に着けています。セーラー、アームカバー、レッグカバーは灰色と黒の間の色。髪、目、アームカバー、レッグカバーのふちの色はリン、レンと同じ色。大体そんな感じです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ある日、突然私の前に私そっくりのvocaloidがいた。ポニーテールで髪どめには白リボン、八分音符が書かれた半袖セーラーにキュロットをはいている

「初めましてマスター、私鏡音リンとレンの姉の鏡音ランです」「え?あ、初めまして・・・」 「あ、マスターお帰りって・・・あー!!お姉ちゃん、何でここに?オレ、来るなんて全く聞いてねぇよ」 「あ、レンゴメンゴメン、私を作ってくれたお礼を言いたかったの」「え?お姉ちゃんを作ったのってマスターなの?」「そうだよリンちゃん、鏡音ランを作ったのは私が一番初め、鏡音3姉弟になった訳」「マスターすごい」「それじゃあ今日からお世話になるけどよろしくね」


この日から私はラン、リン、レンとの日常が始まった

高校2年のレンオタです。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP