リコリス- lycoris -

投稿日:2018/08/24 20:45:32 | 文字数:404文字 | 閲覧数:203 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

時間が止まった君と時間に置き去りにされた私。そんなお話。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

藍い風に吹かれて 君の影と寄り添う
まるで映画のワンシーンみたいに

そんな淡い時間は刹那だから
余計な夢が胸を刺した
くだらない訳で隠すように
笑って誤魔化しても

お見通しみたい

夏の幕が下りてく
また独りぼっちだけれど
忘れることはないよ
君が何処にいたって

ずっと

凛と響くその声 頬を掠める黒髪
全て私の中で息をしてる

こんなにも 痛い 痛い 現実に
何度も声を殺し泣いた
数だけ増えた 重い想い
葬ることですらも

出来ないと知った

今年も相変わらず
もうしわだらけの手紙に
君が紡いだ言葉
霞む瞳でなぞった

「この先離れ離れだけど...
そこで途絶えた文字に 続きを書き足す

再び還る頃に
咲き誇る彼岸の花よ
【思うはあなた一人】
どうか永久で在りたい

夏の幕が下りてく
また独りぼっちだけれど
忘れてほしくないよ
私、ここにいるよ

きっと巡り会うから。」

下弦と申します。
作詞・動画編集を行っております。

マイリス→http://www.nicovideo.jp/user/67527526

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【AZUKI】リコリス- lycoris -/nobo(NoraCity)

    by NoraCityさん

▲TOP