【松田っぽいよ】痾と蒼【オリジナル曲】

投稿日:2015/05/06 22:34:36 | 文字数:570文字 | 閲覧数:3,275 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

【松田っぽいよ】痾と蒼【オリジナル曲】の歌詞です

http://privatter.net/p/767286

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ぼくの真下 水面 泡の音
ざわとそよぐ 枝間は空のよう
ぼくの化した 右手 赤はまた
べた と糸を引いていた

ぼくの歩幅 語る 影法師
だらとさがる 荷縄は蜘蛛のよう
ぼくの後ろ 覗く 蒼い珠ひとつ
誰の仕業 遊び事(すさびわざ)?


ああ からから パッチワーク ぬいぐるみ
そう 唯々 丹赤が欲しいだけ
ねえ 磔柱(はりつけばしら)の真ん中を
ええ あたしに くださいな


ああ 真っ白の 痾(あ)を と 明々と
深く 刺し込んで エネシス
ぼくはなにも覚えていないけれど
誘われたのだろ ろ ろ ろ


きみを足した 玉藻 海の底(わたのそこ)
ぱたと伏せた 手掌は誰のもの?
きみの瑕疵と ぼくの疵瑕ひとつ
ぱき と罅を入れていた

きみの歩幅 紡ぐ 鬢帽子(びんぼうし)
ひたと流る 藻屑は星のよう
ぼくときみは いつか ひとになる なんて
言うたのだか そうなのか

ああ ぱらぱら カットワーク のどつづみ
そう 未だ々々 薄めた赤朽葉
なあ 磔柱の真ん中は
さあ あたしは 知らないな

ああ 真後ろの 悔 と 深々と
軽く 遊ばせて マスケラ
ああ ぼくは微塵も動けぬけど
それでいいのだろ ろ ろ ろ

真っ新の 愛 と 高々と
重く 沈ませて ナルコゼ
きみはぼくの身体を疾く染めて
虚々と化していた た た た

ごくたまに歌詞を求めて放浪するかも
twitterやってます(@tyoumiryou1)
歌詞はPC表示推奨
ここにないオフボはこっちにある
http://ux.getuploader.com/tyoumiryou_A/

なにかあればお気軽にメッセージください
返信要るメッセージは返信要るって言ってもらえるとうれしいです
ずぼらなので見るだけ見て置いておいてしまう…

(http://www.nicovideo.jp/mylist/38334022)

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • 【松田っぽいよ】痾と蒼【オリジナル曲】

    by ある調味料さん

もっと見る

▲TOP