One tale of hers ~彼女の一つの物語~

投稿日:2014/08/17 21:13:05 | 文字数:438文字 | 閲覧数:51 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

CPKコラボに参加させていただいた際の作品の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

浮かばせて 滑らせて 言の葉探し漂う
見上げても 空 手を伸ばして ねぇ 届くかい?

クラクラくらくらするほど暖かいある光見たの
クルクルくるくる小さな花びらがまた回るよに飛んだ

儚き思いもきっといつかは
叶うと 言った 御伽噺は
あの雲掻き分けてその向こう
鷹の ように  

辿らせて 繋がらせ 言の葉隠し彷徨う
見透かして 空 目を開いて ねぇ 聞こえてる?

グラグラぐらぐらするほどの眩しいある光を見てた
グルグルぐるぐる小さな花びらはもうどこかに消えいく

空ろな願いはきっといつでも
叶うと 言った 御伽噺は
羽根雲ほしがって夢の中
柵を 越え

あの門をくぐり抜け 君を 放って
鍵をなくし華の中眠れ 
一人きり君は高く高く 雲の上
伸ばした手も眩んでいく 遠く

儚き思いもきっといつかは
叶うと 言った 御伽噺は
あの雲掻き分けてその向こう
鷹の ように

私の願いよもっと遠く
この空 越え 自由に回れ
あの太陽(ほし)目指して手を伸ばせ
鷹に なれ

適当に作詞とかしていたりします。
やりたいことが多いのに何一つ始める時間がない今日この頃。。
作曲頑張りたい

アドバイス・意見・質問 辛口でもよいので、コメントしてもらえるとうれしいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP