真冬のベンチ

投稿日:2020/12/12 10:25:12 | 文字数:452文字 | 閲覧数:12 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君を好きになったこと 僕はずっと言わなかった
だから君は最後まで僕に 優しくしてくれた
君がいなくなってから 君をもっと好きになった
だからもう君には会えない 同じようにはいかない

気高くて少し気が強いとこが 何よりも好きだった
たまに見かける君が歩んだ場所も そんなものさえ僕は
目を奪われてしまうよ

君の呼吸に命 吹き込まれ 街が光に溶けていった
そんな景色を君が幾日も 僕に見せてくれた
君への思い全部 消せたなら いつか僕と会ってくれるか
真冬のベンチ 僕は隣を 空けて待っているから

あまりにも透明で危なっかしい君をほっとけるはずもなかった
星の名前を君に教えた夜を そんなことなど君が
覚えているわけないね

君と紡いだ恋の物語 終わらないまま消えてく
月日の向こう 大人になった 君は笑ってるか

君の呼吸に命 吹き込まれ 街が光に溶けていった
そんな景色を君が幾日も 僕に見せてくれた
君への思い全部消せたなら いつか僕と会ってくれるか
真冬のベンチ 僕は隣を 空けて待っているから

ライセンス連絡は不要ですよ♪使ってください(><)/

[ニコニコ動画]
https://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/63521906

[youtube]
https://www.youtube.com/channel/UCY56k4Yj35Dj-1nQ1yG7kNw/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 真冬のベンチ off vocal

    by okaさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP