1+0

投稿日:2018/04/10 13:49:01 | 文字数:600文字 | 閲覧数:152 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

歌詞募集楽曲への応募のために投稿しました。
0になった君と、1の僕。
「1+0」と「1-0」はどちらも1だけど、
きっと全く違うもの。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「こんなの優しさであるもんか」 洗濯物に突っ伏した日は
なんでもない厭世観(えんせいかん)に支配されてしまいそうな静かな夜
誰かの歌思い出して そのまま眠ったら夢も見ない
朝になればピンク色した空 身に覚えのある胸の痛みと

さよならしても別れが来るわけではないけど
「ごめんね」を思い出したら後悔しない筈がない

君の言葉を重ねて消して
繰り返した先 見付けた声を
こねくりまわし 何度も抱いて
存在しないはずの君さえ
心閉じれば ここに居るんだ
僕がいない世界から届くよ
1+0(いちたすぜろ)の1人ならば生きていける

「満たされないことが許せない」本音だけ言えばそんな感じ
なんでもない厭世観に期待させられてしまった よくある午後
いつかもらった歌の中 また無意識の彼方君を見る

おはようで同じ朝が来るわけではないけど
「また明日」思い出したら後悔しない筈がない

君の姿を描いて捨てて
繰り返した先 見付けた弱さ
思い出せない 君の顔さえ
これからはきっと消えてしまう
だから今夜は 夢で笑って
誰もいない世界 君と会瀬
1-0(いちひくぜろ)の1人では生きていけない

言葉遊びしてみたって離ればなれのまま
遠くも近くもならない僕ら
君の弱さが好きだったんだと
今さら言えないから歌うよ

こんな時間もゆっくりと流れては
僕を蝕む記憶に変わってく
いつか君は後悔する 僕の歌声(こえ)で

椎名もたさんをよく聴きます。こちらでオリジナル歌詞を少し投稿してみようかと思います。明るい曲はあまりありません。
書き溜めているのもあるので、歌詞先で良ければそちらを提供してコラボできます。曲先でメロディーをいただいて歌詞をつけることもできますが、忙しいときはお受けできないことがあるかもしれません。優しい歌に、悲しい歌詞を付けるのと、ロックにロックの歌詞をつけるのが好きです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP