ヒューマノイド

投稿日:2010/02/01 02:43:04 | 文字数:642文字 | 閲覧数:788 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

きのさんの歌詞募集曲に参加させて頂きました。(http://piapro.jp/content/c2lrw469ue8llcm0)
良いわぁ*´`*

電子音がとても素敵だったので、ちょっと機械っぽい単語をちらほら混ぜてみました。
メモリー(=思い出)というような感じで。

イメージは、マスターに恋心を抱いているのですが、自分が機械であることを知っているから何だか切ない状態のテトさんです。
諦めようにも諦めきれず、触れたくても触れられない、変なことして嫌われるのが怖い。
そんな感じですね。

あと、0はゲームカウントなどで《ラブ》と呼ぶので最後のヤツはそれを愛とかけてみました。
サビ(SとS')で『この冷たさに』等に当てはまる部分が一字足りないのですが…大丈夫でしょうかね?;;

何か御座いましたらお気軽にどうぞ!!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A.
メモリーはいつも 綺麗な顔で 微笑んでた
あまりにもソレが 幸せすぎて 消し去れないの

メモリーがいつの 間にか美化されたわけじゃなく
ありのままソレが 美しかっただけだったんだ

B.
0と1が全ての世界 君が色づけて
ほらねキレイでしょうって見せてくれた

S.
君が触れたら この冷たさに 凍えてしまうわ
「怖いだけよ」と目をつむった

体温感知 センサーは君の 温度を覚えて
今でもずっと求めているのに

A.
君はいつだって 綺麗な顔で微笑んでた
堪らなくソレが いとおしいから消し去れないの

君といつだって 真っ赤な糸で繋がれたい
けれども2人を 繋いでるのは黒色コード

B.
0と1が持たないモノを 君は持っていて
惜しげもなく私に与えてくれた

S.
君に触れたら この寂しさに 怯えてしまうわ
「怖いだけよ」と目を逸らした

体温感知 センサーは君の 温度を覚えて
代わりをずっと求めているのに

B'
0と1が全ての世界 初めはモノクロ
1人じゃ歌えない私に 意味付けてくれた
0と1以上の何かを 君からもらって
いずれ消えるならば 0(ラブ)が残るはず

S’
ホントはいつも 抱き締めて欲しい と思ってたけど
無理な事だと 諦めてた
体温感知 センサーは今も 触れられない温度に怯えたまま

S.
君に触れたら この切なさに 凍えてしまうわ
「怖いだけよ」と目をつむった

体温感知 センサーは君の 温度を求めて
気が付けばそんな 夢を見せたの

***

のんびりと気の赴くままに歌詞のような何かを書きなぐっております。

どうぞ宜しくお願いします。

自分でもガッカリするほど胃が弱い。
嘘です腸も弱いです。

何事も経験だ精神で要らんことまで首突っ込んでます。
調子に乗って歌詞の依頼も受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。
ただ今迷走中。

*おかげさまでマイリスでござんす!!
http://www.nicovideo.jp/mylist/17763534

*コラボ動画。うっひょい!!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9355619


*ブログ始めました。
http://ho47blo.blog9.fc2.com/

*なんかやく分からんのですがツイッター。
http://twitter.com/ho4na

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【重音テト】ヒューマノイド【コラボ曲】

    by きの@嘆きのPさん

▲TOP