エフェメロワルツ

投稿日:2013/07/28 22:25:54 | 文字数:319文字 | 閲覧数:91 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「エフェメロ(ephemero)」、ラテン語で「短命な」。
戦後の混迷期の隔離病棟で花開いた、妖艶な恋の物語。

タイトルからぱっと思いついて書きました。狂った愛というか、どろどろした話。
短命という語の示す通り、短くまとめた・・・つもり。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

斜陽が差し込んで床に残す アラベスク
サナトリウムの壁の中 幾多の過去は眠っている

私があなたに贈る愛は 歪んでいる
いびつな形をしている そうまるで心臓のように

歌いましょう、
束の間の命を。

蝶が舞う
黄昏の光の中を
薄紙のような羽を羽ばたいて、
妖しき焔(ほむら)の舞

貴方がくれたゼラニウムの 赤い花束に
口づけて胸を当つれば 燃え上がる昏い情熱

口から血のように溢れる 愛の言葉
シーツに残る小花を 繋いでその首にあげましょか

踊りましょう、
泡沫の人の世を。

蝶が舞う
幻惑(ゆめ)色の断末魔を
影の這い残す蔦に絡まり、
私は堕ちていく

蝶が舞う
妖炎の光に抱かれ
ガラスに映る短い命燃えて、
羽根だけが残った

青い物が大好きなしがない詩書き。
まったり気まぐれに、ひねくれた文章を書いてます。基本的に冷めてる。でも時々ふっ切れる。
お気に召しましたら読んでくださいませ。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP