陽だまり

投稿日:2013/06/05 17:39:42 | 文字数:372文字 | 閲覧数:96 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

takamさんの
【初音ミク】タイトル未定(歌詞募集中)
http://piapro.jp/t/uQ0I


に対して書いた歌詞です


感想とかありましたらお願いします

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

どこからか夕飯の香り
窓から包丁の音が聞こえる

昔わたしの母もこうやって
美味しいご飯を作ってくれたな

トントングツグツ料理する
軽快な音たち心地いい
香る味噌汁のにおいで わたしのおなかが鳴る

台所に立つ母
後ろ姿は綺麗で
美味しい料理が並んだ
食卓は今でも
この胸に残る幸せな風景


夕暮れに狐の嫁入り
傘差した仲のいい親子が見える

昔わたしの母もこうやって
わたしを迎えに来てくれていたな

カランコロン下駄の音(ね)鳴らし
赤い和傘差してお迎えに
手を繋ぎはしゃいで歩く 水しぶきを飛ばして

わたしの隣歩く
母の着物はびしょ濡れ
そんなことも気にしないで
わたし見守る眼は
ただ優しく陽だまりのようだったわ


縁側で日に当たり
旦那と二人寄り添う
わたしも母と同じように
優しく包み込む
あの陽だまりを子供にあげれたかな?

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP