冬空のひとりごと

投稿日:2019/11/10 22:02:18 | 文字数:399文字 | 閲覧数:26 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

寒くなってきましたね

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

風吹くビルの間を一人、口ずさむ歌も消されて。
「嗚呼、僕には歌うことすらも許されないんだ」
なんて、自嘲う

そういえばあの時君は、何て言ってたっけ
ま、どうでもいいか
悲しいのかどうかもわからずに
歌声を風に流してる

凍えてしまう、その前にどうか。
僕を見つけて、声を聞かせて
僕の歌なんて消えちゃってもいいからさ

「雪が降りそうだね」なんて呟いた
空のない都会の隅で
両手は冷たくなったままで、暖めあう資格もない。
飲み干した缶コーヒー投げ捨てた、【誰か】に気付いてほしくて
その【誰か】もわからないままで
優しさだけ求めてたんだ

響かないさ
この夜の底に僕は呑まれてしまっていたんだ
「それは嫌だ」って言えないままなのに
だけど、だから。
歌うんだ、何度でも
いつか届くように
何度でも

風吹くビルの間を一人
口ずさむ歌は続いた
僕には歌うことだけが、許されているんだ

それでいっか

主に初音ミクさんとともに楽曲を制作しています。
12/8新曲アップしました。
YouTube☞https://www.youtube.com/channel/UCJPu5Nt8bYEZZqlcduK-wmA
ニコニコ☞https://sp.nicovideo.jp/my/mylist/27884067
twitter☞https://twitter.com/vocamix_hoshino

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ミクV4X『冬空のひとりごと』

    by ホシノユウキさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP