淡い月 歌詞

投稿日:2021/05/23 11:09:35 | 文字数:270文字 | 閲覧数:626 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

BPM94

これでいいんだって思うことができなくて

青い信号 点滅する夜

街灯がうつしだした 「誰か」のかげ

くもりのない未来がなつかしいな

淡い月のようにゆっくりと輝けばいい

雲に隠れたって またいつか僕たちを照らすから


これでいいんだって思っててもひっかかる

「いつか」決まるって 「いつも」と同じだ

数時間の距離なのに数年かかった

遅咲きのヒマワリが描いた夏

淡い月のようにゆっくりと輝けばいい

あなたの呼吸が夜の淵 誰かを灯すのだろう

窓の外で雨が止まない夜には

雲ひとつない空 輝いて僕たち見送ってた

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP