Cinderella

投稿日:2014/11/03 14:06:14 | 文字数:669文字 | 閲覧数:43 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1番
A  夜が明けるまで踊りましょう
  僕と君 二人のワルツを
  帰りたくないのなら このまま
  時間(とき)を忘れて過ごしましょう

B  12時の鐘が鳴る
  それはお別れの合図
  気付かないフリしたら
  魔法が解けてしまうね?

C  それでも、音楽は止まらない
  まるで操られているよう
  きっと誰も気付きはしないさ
  今は二人だけなんだから

サビ
  かぼちゃの馬車は既に
  綺麗に消えてなくなった後
  帰り道はないんだ
  もう二度と帰ること出来ない

2番
A  夜が明けても踊りましょうか
  僕と君 二人永遠に
  戻ること出来ない所まで
  来てしまったのはね 君だよ?

B  ガラスの靴は何処かに
  捨ててしまったんでしょう?
  まぁ、もういらないけどね
  君がここにいるからさ

C  音楽はずっと鳴り止まない
  まるで祝福してるよう
  きっと神様も喜んでる
  はずだから ほら、笑ってよね

サビ
  魔法使いは既に
  灰になって消えたのでしょう?
  もう離さないずっと
  ここで朽ち果ててしまうまでは

3番
A  どうしたの?そんなに怯えて
  音楽が止まっちゃったからなのかな?
  何も怖がることないよ
  僕が永遠に傍にいてあげるよ

サビ
  君の体は既に
  崩れ去ってしまってようだね
  ほら、見えてる?自分の
  姿は あ、もう聞こえてないか

  こんなとこ 来なければ
  幸せに暮らしていたかもね
  足元に転がった
  残骸に静かに口付けた

基本、皆にレ音(れおん)と呼ばれていますが、
レ音(れおと)でも、レ音(れおん)でも、レ音(れね)でも、
好きなように呼んでください^^
ボーカロイドが大好きです!
曲の歌詞を書くのを専門にしています^^
まだまだ、始めたばかりで、下手ですが、
仲良くしてくれると嬉しいです!^^

書いた歌詞にどなたか、曲・イラストなどを
つけていただくと、とても嬉しいです^^

フォローするときには、一言メッセージをください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP