歌詞案(タイトル未定)

投稿者: usericonゆうさん

投稿日:2021/07/25 17:39:39 | 文字数:872文字 | 閲覧数:47 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

歌詞を考えてみました。
文字数は仮の歌詞と同じまたはちかくなるようにしました。
[]内には追加で歌詞が入る予定です(lastの最後が未作成となっていたため)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1
セミがほら 命を燃やしてる
僅かな時 無駄にしないようにと
僕ら 二人並んでいるけど
どこまでも 続くことはない

波打たぬ海岸の 夕凪がひどく寂しい だから僕らで唄う

地平線の遥か先 それは 遠く
けれど届かぬわけじゃない いつかは向こうへ

今この素晴らしき日々 生きる君と
終わりが来ると知ってても 眩しく煌めいて

2
セミはもう 鳴くことはなかった
僅かな時 懸命に生きてた
僕の 横には誰もいない
どこまでも 続かなかった

陽が落ちていっても 家には一人もう僕だけ 泣くのはやめた進む

空の上の遥か先 それは 遠く
けれど途切れてるわけじゃない いつも隣に

あの素晴らしかった日々 生きた君と
終わってしまったものだけど 眩しく煌めいた

last
二人過ごした時間 それは 遠く
けれど失くしたわけじゃない 今も心の中に

歩む素晴らしき日々 生きる僕は
終わりが来るその時まで 命燃やし続け

[]

読み
1
せみがほらいのちもやしてる
わずかなときをむだにしないようにと
ぼくらふたりならんでいるけど
どこまでもつづくことはない

なみうたぬかいがんのゆうなぎがひどくさみしいだからぼくらでうたう

ちへいせんのはるかさきそれはとおく
けれどとどかぬわけじゃないいつかはむこうへ

いまこのすばらしきひびいきるきみと
おわりがくることはしっててもまぶしくきらめいて

2
せみはもうなくことはなかった
わずかなときけんめいにいきてた
ぼくのよこにはだれもいない
どこまでもつづかなかった

ひがおちていってもいえにはひとりもうぼくだけなくのはやめたすすむ

そらのうえのはるかさきそれはとおく
けれどとぎれてるわけじゃないいつもとなりに

あのすばらしかったひび いきたきみと
おわってしまったものだけど まぶしくきらめいた

last
ふたりですごしたじかんそれはとおく
けれどなくしたわけじゃないいまもこころのなかに

あゆむすばらしきひび いきるぼくは
おわりがくるそのときまで いのちもやしつづけ

[]

こんにちは。小林小麦と申します。
現在、初音ミクを使って曲を作成しているのですが、
良い歌詞が思い浮かばず、自分で作るよりも誰かに作っていただいた方がいい作品になるのではないかという考えが浮かんだためコラボに投稿させていただきました。

曲は7割ほど完成しており、八月中にリリース出来たらいいなと考えています。私自身、ボカロ曲をリリースするのは初めてなので、歌詞の作成も初心者でもお気になさらずにコラボに参加していただきたいです。

piapro初心者のためコラボのマナーなどはあまりわかっていない節などがあるかもしれますが、ご了承ください。

コラボに参加していただいた歌詞の中で気に入ったものがあれば、それを採用してYouTubeなどに曲をアップさせていただきたいと考えております。

曲を作っている時点では「悲しいけど前向きな歌」というものを想像しながら作っていました。作成時点で仮付けしていた歌詞などもありますので、必要でしたらおっしゃってください。

作成途中の曲はこちらになります。(ブレスの部分に「ら」で上書きしてしまっている部分がたまにありますので、歌詞を作成する際にはある程度考慮していただけると幸いです。0:48,サビの1:20など)

https://piapro.jp/t/D2n_

譜割りなども仮のものでしかないため、歌詞によって少し変更することもできます。

また、タイトルも未定なので、歌詞をつけるにあたって同時にタイトルをつけてくださるのも大歓迎です。

質問などがあればお気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP