カイレン:レンとカイトのうれしい出来事

投稿日:2012/04/30 01:11:45 | 文字数:1,170文字 | 閲覧数:207 | カテゴリ:小説

ライセンス:

まだまだ初心者なんですがw
1っ発目の投稿です

よかったらw

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 




たまにカイトにぃが遅くなる....
そのときは僕が夕ご飯作るんだぁ
「ただいまぁ、ん?いい匂いがするなぁ」
「あ!カイトにぃ~おかえり~今日はねカレーなんだぁ」
カイトにぃはテレビ関係のお仕事をしている
有名な”初音ミク”にだってあったことがあるんだぞ!
「カイトにぃできたよぉ~」
「おーそうかーじゃ、食べますか」
「いっただっきまーす」
僕の幸せはね
カイトにぃと寝てる時とご飯を食べてる時と
カイトにぃのお仕事について行けるとき!
「なぁレン、お風呂入るか」
「うん!」
お風呂だって同じ
2人で頑張って生活をしている



2年前meikoとゆう女の人とカイトにぃは付き合った
そのときmeikoさんが僕を生んだ
結婚までの話はしていたが
結婚式の当日、meikoさんが事故にあって...
死んだ.....

「なぁレン、今度の週末どっか行くか!」
「うーん....家でゆっくりしてようよ」
「なんでだ?」
「だってカイトにぃ疲れてるでしょ、休まなきゃね!」

__週末__

「あ、もしもし、はい、そうですか....すぐ行きます」
僕は何の電話かすぐ分かった...
「ごめんな、仕事行ってこなきゃ...ごめんな」
「うんうん、いいよ!頑張ってきてね!」

僕はすごく悲しかった...
カイトにぃとゆっくりお昼寝でもしたかった...
だけど...だけど....
「行ってきます」
「行ってらっしゃい」

__夜__

「ただいま~、レン?」
【カイト】
レンがいなかった...
もしかして
買い物の途中で誘拐されたとか!?
それとも
1人でどっかいって迷子になったとか!?
「レン~~レン~~」

レンは出てこなかった

2階に行ってみたら
俺たちの寝室から泣き声が聞こえた...
「うっうっ...カイトにぃ...カイトにぃ...僕のこと嫌いなのかな....」
俺はすぐさま
レンに抱きついた

「カイトにぃ?」
「俺はレンのことを嫌いになんかなんない...ごめんな」

【レン】
カイトにぃはすごく優しく抱いてくれてた
僕はもっと涙が出てきた

寝るとき僕はカイトにぃに抱きついた
すると...
カイトにぃは僕の頭をなでてくれた

__次の日__

「レン~今日は本物の休みだぞ~」
「嘘だね」
僕はカイトにぃと1日を過ごしたことは2,3回しかない
「本当だ、俺のかわりに仕事をしてくれる子がいてな」
僕はうれしかった!
最高にうれしかった!

「カイトにぃ!お昼寝しょ!ランチ食べに行こう!」
カイトにぃとやりたいことがいっぱいあった

【カイト】

「レン、それ1日で終わるかな?」
「うーん、頑張れば終わる!」

レンがかわいく見えてしかたがなかった

【2人】

いっつも一緒にいてくれてありがとうな(レン:ね)

レンとカイトが大好きすぎな
腐女子ですw

小説中心に頑張って行きたいです!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP