君へ

投稿日:2018/11/08 14:01:03 | 文字数:892文字 | 閲覧数:15 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

何も言わずに居なくなった君
別たれた欠片の君
ずっと私の傍に居てくれた君へ
今私に出来る事で 君に届けよう
私の欠片の君へ

君は私から皆を守るために産まれた
復讐と狂気から遠ざけてくれた
壊れそうな心が君を生み出した
時には入れ替わってくれた
それがどんなに嬉しかったか知ってるかい?

君を忘れないよ 私の欠片
君は私で 私は君で
もう壊れないよ もう大丈夫
折れた心は もう前みたいには無理かもしれない
それでも 前を向いて歩いていくよ ありがとう

君は私と突然同化したよねどうして
何時かはそんなときも来ると思ってた
こんなに早く来るとは思ってなかったよ
けど君は大丈夫と言う
それなら信じて私は先へと歩く

君を忘れないよ 私の欠片
君は私で 私は君で
もう壊れないよ もう大丈夫
折れた心は もう前みたいには無理かもしれない
それでも 前を向いて歩いていくよ ありがとう

全文ひらがなver

なにもいわずにいなくなったきみ
わかたれたかけらのきみ
ずっとわたしのそばにいてくれたきみへ
いまわたしにできることで きみにとどけよう
わたしのかけらのきみへ

きみはわたしからみんなをまもるためにうまれた
ふくしゅうときょうきからとおざけてくれた
こわれそうなこころがきみをうみだした
ときにはいれかわってくれた
それがどんなにうれしかったかしってるかい?

きみをわすれないよ わたしのかけら
きみはわたしで わたしはきみで
もうこわれないよ もうだいじょうぶ
おれたこころは もうまえみたいにはむりかもしれない
それでも まえをむいてあるいていくよ ありがとう

きみはわたしととつぜんどうかしたよねどうして
いつかはそんなときもくるとおもってた
こんなにはやくくるとはおもってなかったよ
けどきみはだいじょうぶという
それならしんじてわたしはさきへとあるく

きみをわすれないよ わたしのかけら
きみはわたしで わたしはきみで
もうこわれないよ もうだいじょうぶ
おれたこころは もうまえみたいにはむりかもしれない
それでも まえをむいてあるいていくよ ありがとう

 言葉の楽園、なろう、ツクール、ハーメルン、pixiv、piaproに『Sillver』のハンドルで活動してます。アイコン設定出来る所はTwitterのヘッダー使ってる事多いです。
 おおよそ、言葉に関連する事は色々やってみたい人です。
 ただ、頑張って色々やってみたのですがどうにも作曲能力は無いようです。無念……。
連絡先 Twitter @844eb288e92145e

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP