マホウノ左テ

投稿日:2021/03/01 16:22:35 | 文字数:462文字 | 閲覧数:171 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「マホウノ左テ」

 コップを持つ時も
 カーテンを開ける時も

 気づいたら 左手で
 そうしてる

 私の利き手は 左だから

 ピアノを弾くのは 両手だから
 いい

 でも 文字を書くには 不便だからと

 ピアノを習うように
 鉛筆の持ち方も 右手になった

 幼い 想い出

 私の左手は
 今も 何かに触れたいようで
 宙を 描いてる

 もし 私の左手が 左手のまま
 字を書いて 絵を描いてたら
 どうだっただろう?

 もう描けない自画像は
 今も
 無意識の中に棲んでいる
 私 なの


 パソコンを打つのは
 両手だから いい

 スマホやケータイを打つのも
 現代社会は

 どっちでも使えるようにしてくれた

 私の左手は
 今も 何かに触れるように
 ドアノブに手をかける

 もし 私の左手が 左手のまま
 字を書いて 絵も描いてたら
 どうだっただろう?

 そんな 夢のような
 未知の可能性
 
 ほらね 非対象みたいな
 もう一人の私が
 眠っている

 芸術肌だって
 笑っている

 ガーリーで、キュートな作品を目指したいと思います。
よろしくお願いします。

 

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP