シャングリラ

投稿日:2014/11/11 23:45:16 | 文字数:476文字 | 閲覧数:599 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

シャングリラ


ただ青く深く広がる海原の味なら
それは君が流すひとしずくの涙と同じ味

じゃあきっと世界中の人が
みんな泣いてしまったら
街は暗い海の底に沈んじゃうかな

愛しさが光なら
その裏に影があるでしょう?
大空だけが見ている
すべてのリアルな物語

汚れていく世界のなかで笑う姿がきれいだね
その笑顔を守れるならば心に鍵もかけられるかな
君が見てる景色を少しだけ分けて欲しいのです
ビルの森も、言葉の湖もわるくない

ねえ、青く眩しい晴れの日ばかりじゃ疲れちゃうから
闇に満ちた暗い夜がとても好きなの

翳りゆく窓辺から
密やかに想いをはせたら
星すら見えない夜空を見上げて口ずさむ
名もない歌を

この日々がいつまで続くのかなんて分からないけど
そばでそっと歌うくらいは許されるかな

幸せな時間だけこの胸に抱いて眠ろうか
星空だけが見ている
ホントの素直なこの気持ち

ゆがんでいく世界の中で笑う姿が見たいだけ
その笑顔を守れるならば心に鍵もかけられるかな
君が見てる景色を少しだけ分けて欲しいのです
人の群れも、眠れない夜でも恐くない

現在はユニット、zukijimaで活動しています。
インストをメインにまったり制作中。
他のアーティストのリミックスもやってます(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ
こちらもよろしくお願いします!
https://soundcloud.com/zukijima

もっと見る

もっと見る

▲TOP