(non title)

投稿日:2014/06/02 18:58:31 | 文字数:326文字 | 閲覧数:259 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

彼は埋めたことすら覚えていなくて

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あれはそう雨が降る日曜日
手紙をぐしゃりと君へ書きなぐる
手紙が濡れるのは雨か涙か

鎖を解く鍵は持たぬ
縛られているのは俺か君か

もう苦しいのは嫌だろう
だからもういいよ終わらせよう
さぁこの手で掘り返そう
土に埋めた罪と過去を

雨はまだ止むことを知らずに
まるで俺を急かしているようで
寒さは段々と強く悲しく

たった一度のすれ違い
たった一度きりの愛してる

もう苦しいのは嫌なんだ
だからもういいや終わらせよう
さぁこの手で掘り起こそう
土に埋めた罪と君を

雨は強さを増して
俺の体を苦しめる
時が全てを消せば
楽になれたのかもしれない

もう苦しいのは嫌だろう
だからもういいよ終わらせよう
さぁこの手で掘り返そう
土に埋めた罪と過去を

お疲れ中。

作詞、動画、絵、utau入力、キャラ、脚本、小説やっております。
湯島結代(ゆしま ゆしろ)です。

よしなに。

現在持病の悪化により創作スピード落ちてます。

オールジャンル書いてますが一応病み歌詞多めなので苦手な方はご注意を。

もっと見る

もっと見る

▲TOP