カナリアの檻籠

投稿日:2011/11/26 18:21:25 | 文字数:554文字 | 閲覧数:101 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

赤錆びた檻の中で
足掻く度に羽根落とし
立てた爪は傷ついて
カナリアは鳴けないまま

薄暗い部屋の中で
朝も夜も知らないの
蒼い月の下でさえ
カナリアは鳴けないまま

遠く遠く遥か遠く
愛された記憶は朽ちて

声が キミの声が
今も響いてる
声を キミの声を
聴かせてほしいの

名前も知らない
優しく静かなひとひら
いつまでもここで
傍に寄り添って もう一度



誰も来なくなったから
この鎖は取れないの
灰色の季節重ね
カナリアは鳴けないまま

永過ぎる時を背負う
呪われし異形の姫
琥珀色の髪をした
カナリアは鳴けないまま

ふたつの直線のように
一度だけしか出会えない

声は キミの声は
この胸の奥で
声に ならない声を
震わせ続ける

次第に遠のく
燈火に揺れる炎が
戸惑い 消えては
二度と届かない囁き



人ならざる彼女の時は
あまりに永く

溢れる黄金で
彼女を手に入れた
醜い男も既に亡く

ただ 森の奥で
朽ちゆく屋敷の中

彼女は今日も
待ち続ける…



音の絶えた檻に
閉じ込めた光
巡り巡る時を
幽かに彩る


声が キミの声が
今も響いてる
声を キミの声を
忘れられなくて

名前も知らない
優しく静かなひとひら
いつまでもここで
傍に感じてる 奇跡を

ぺっそりとみっくみくにされてます。

ちんまりとHPもあったりします。
http://timenaut.jpn.org/

にゃぽ。
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=11284

ついった
http://twitter.com/time_naut

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • カナリアの檻籠

    by むーとさん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP