日を追うごとにのびてきた
切り口芽吹く枝の先
雨はざらついた手で未来を定義した

目立ちたがりの雷が
煙突上の神様に
「そのポストは誰だって勤まりゃしないよ」と

欠けた戸が弱々しく見えて
開こうとはせずに怯えてて
隠れ切らない手足出して
卑怯さに崩れ落ちた

今は何を悲しむのさ
不幸は指を奪い取るのか
針千本約束できない
友情なんてさ
涙枯れた泉の奥
見れないめはただ叫び続けた
呼んだって返事は来るはずない
影の映らない10月のこと


鳴り止まない雨と風が
逃げる間もなく迷い出す
離脱合成な際に湿る亡骸と

昼時、彼は唐突に
泥のついた手で天を突く
「背景、貴様、消えな」って
僕は彼に落とされた

青白い電池駆動の
割れた欠片理屈に
涙で濡れた言葉が血を吐く

背中の羽はむしれなくて
見た目も人とは違っている
戸籍すらもうどこにもなく
私は存在しない
意識されているくせに

いらない いらない
本当は欲しい
理不尽な子供の海に生息
300メートルの魔物
おもちゃにははやすぎるわ
見えない非は愛
聞こえてこない
無口な裁判は終わらない
散々な目はゴールを知らず
乱暴な明日を作り出してく


厭世的要件務めた円盤ナイフ隠して
少年気取った雷に釈明しに行く

冷たい檻に閉じ込められ
羽ばたくことなく命尽きますから
お願いです雷様
僕を人間にしてよ

辞めない病めない諦めれない
くだらなくない今を生きてんだろ
もうたくさん悲しんだろ
俺の番はまだですか
暮れない待たない
逃げない言わない
日向に戻るその日までまだ
太陽の様に眩しい目が
創造と悪意のもとに開く

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい

サイレント・アテンダンス

11月15日に投稿したサイレント・アテンダンスの歌詞です

閲覧数:1,181

投稿日:2013/11/20 13:06:26

文字数:688文字

カテゴリ:歌詞

ブクマつながり

もっと見る

クリップボードにコピーしました