ボカロ一家の日常 レン君の苦悩

投稿日:2008/11/09 20:53:59 | 文字数:1,099文字 | 閲覧数:1,309 | カテゴリ:小説

ライセンス:

ボカロ一家の日常をSSにしてみました。
ケーブルでやっていたパーマンを見てて思いついたネタです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ボカロ一家の日常 


レンです。自称姉のリンと一緒に歌手をしてます。
最近は少しエッチな曲やスク水を着て歌っています。
僕自身にそんな趣味はありません。


お兄ちゃんのカイトはダッツばっかり食べたり、仕事場から女装して帰ってくることもあります。
「レン!見て見て!今度の仕事で女装して歌ったら、こんなにアイスが!!!これで当分アイスに困らないね!」
・・・僕はアイスよりも、兄ちゃんの貞操が心配です・・・・

お姉ちゃんのメイコさんはカイトよりもしっかりしていて、素面のときはとっても頼りになるのですが・・・
「リン!ネギ焼きまだー」
「ミクのねぎが・・・ねぎが・・・」
「ネギごときで泣かない!
「バカイト!ビール足りないわよ!」
「めーちゃん持ってくる!持ってくるから十字固めはかけないで~ぐぇ」
「レ~ン❤あなたはここでお酌しなさい。今夜は寝かせないわよ~」
「あ~~~れ~~~」
・・・・メイコさんは少しでもアルコールが入るとサバトの悪魔のようになってしまいます。
エクソシストがいたら助けてください・・・

ミクさんは僕らと同じ、第二世代のボーカロイドエンジンを搭載しているのでよく相談に乗ってもらっています。
「最近、マスターに変態な曲を歌わされて困ってる?そんなのコレを聞いたら悩みも吹っ飛ぶよ。」
そういうとオーディオデータをくれたのですが・・・
「ええと、「既○事実」「人間じゃ○いから」・・・元気がでる曲なのかな」
・・・・・聞いて絶句しました。自分の小ささがわかった気がします。

ぺしぺし
ぺしぺし
「ん!?、はちゅねか」
三頭身の奇妙な生き物「はちゅね」
メイコさんやカイトさんに聞くと、いつの間にか家に住み着いていたとのこと。
初めてボカロ家に来た時は、リンはこれをミクさんだと思って、敬語で挨拶したっけ。
でも、何ではちゅねはミクさんにそっくりなんだろ・・・
「レン!大変よ!」
ドアをおもっきり開け、リンが入ってくる。
案の定、ドアはメタメタ・・・マスターすみません・・・
「なんだよリン?」
「大変よ!ミク姉の乗った電車が動けなくなってになってスタジオに行けなくなったの!」
「とりあえず、マスターに連絡して・・・あれ?はちゅねは?」
いつの間にかはちゅねはいなくなっていて・・・
「どうしたのリンちゃん?」
振り向くと、今朝早くに出たミクさんが立っていた。
「じゃあ行ってくるね!」

元気に出かけていくミクさんを見てて思った。
ひょっとしてはちゅねはミクさんのコピーロボットなんじゃ・・・
北海道のお父さん・・・レンは挫けそうです。




(プロフィールはありません)

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    読ませていただきました。
    全員が全員ともイイ味出してますねw

    ニコ動では「レンの将来が不安になる動画」のタグに付いている大百科の記事を読んで、そのあまりの多種多様さに
    吹いたクチですが。ミクの方はその手の曲って今どうなってるんでしょうかね?
    (最近はミク曲はあまり聴いてないもので・・・)

    あと、僭越ながら誤字脱字が少々。
    ・MEIKOの台詞が一部文字化けしています
    ・後半のリンの台詞「電車が動けなくなってになって~」→「電車が動かなくなって」

    2008/11/25 19:50:54 From  RAYXANBER

もっと見る

▲TOP