片思い

投稿日:2010/06/10 16:17:46 | 文字数:348文字 | 閲覧数:250 | カテゴリ:小説

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



「好きなんだ。」






夕日がレンをさらに美しく照らす。


時が止まったような感覚に陥った。
でも前にあったような、レンがミクと一緒に帰ると言ったときのような気持ちの悪い感覚ではない。

心地の良い感覚。


ずっと待っていた、あなたからのその言葉。
思わず涙が出た。


「ぁ・・・あたしもなの。」


「え?」

私が言ったとたんレンが驚いたように目を丸くする。
でもそんなの私には涙で見えなかった。
嬉しそうにしている愛しい人の笑顔も。

「私もレンが・・・好きなのっ」


何年も思っていたレンへの気持ちをレンへと告げた。
その瞬間、レンに抱き寄せられた。



あぁ。
こんな事、何年も待ってたんだ。




と、不意に今まで訊こうと思ってた疑問を思い出す。

「そうだ!」

メガネ掛けてるアホです。


リア友に隠れてこっそりひっそり小説とか落書きとか載せていこうと思いますので
よろしく!

夢希羅の「落書き」は本当に落書きなんでご注意を!
落書きの定義壊せません(^ч^

最近リアルでやらないといけないことがあるので
なかなか来れません!
すみません・・・。

でもよろしくお願いします!

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんは。始めまして。lunarと言う者です。

    タイトルで気になって読んでいき、すっかり嵌ってしまい一気に読ませて頂きました。
    リンとレンがくっ付いて良かったです。レンリン良いですよね、レンリン。私の書いている小説では書けてないけど・・・。何時か書けると良いなぁ・・・(願望

    これから二人がどんな風に道を歩むのか、楽しみです。続きを楽しみにしていますね。
    それでは、失礼しました。

    2010/06/11 21:53:57 From  lunar

  • userIcon

    メッセージのお返し

    はじめまして!

    はまってもらえるような文章になっていたか
    とても心配だったのでコメント嬉しかったです。
    レンリン私も好きです!

    また近いうちにlunarさんの小説に遊びに行きますね^^

    2010/06/12 09:54:21 夢希羅@おやすみ中

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP