Eternal Voice(仮)

投稿日:2017/10/22 10:53:14 | 文字数:471文字 | 閲覧数:147 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ちょっとまた歌詞を書いてみたくなったので。
応募作です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

粒子の隙間を翔る音の雫をそっと
手のひらで掬ってよ消えてゆく前に

言葉は積み上げるほど 声にするほど
意味を変えてゆくけれど いつか届くと信じている

ねえ僕じゃ 君のココロの深い闇
晴らせる光にはなれないかな

世界ごと夜に閉ざして瞬いた星も
また巡り巡って朝がくるから
もう少しそばにいさせてね
君の泣く声が安らかな寝息に変わるときまで

ずっと…

電子の狭間に浮いた音の欠片をそっと
指先でなぞってよ 鳴り響くように

言葉は紡ぎ出すほど 解き放すほど
意味を持ち溶けあって いつか無限の歌に変わる

ねえいつも 君のココロ落ちる影を
照らせる明かりは僕でありたい

世界さえ夢を見たまま目を閉じた空も
また白く白(しら)んで明日になるから
もう少し声を聞かせてね
君の悲しみが穏やかな笑顔に変わるときまで

この声にのせて誓ったんだ
君をただ愛することを
今も臆病な僕でいいなら君を支えたい

世界さえ夜に閉ざして瞬いた星も
また巡り巡って朝がくるから
いつまでもそばにいさせてね
君の手と僕の手がいつかしわくちゃになったとしても

三五(さんご)かなでと申します





また歌詞書きたくなってきたかも…

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    ひとつひとつの言葉の選択が丁寧ですね。とても心に響きます。
    応募ありがとうございました!

    2017/09/29 23:18:28 From  沖津 海松

▲TOP