ソウルフォビア 歌詞

投稿日:2020/10/06 20:50:54 | 文字数:869文字 | 閲覧数:189 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ウタッテネ!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

澄み切った雨の中漂うように
定まった理性の性飲み込めるように
きっと意識の果てに僕を壊すような涙があると知っていたなら...

サイレンが知らせたmayday
絡まった真空に最適な机上の謬論を重ねてみよう
切り取った仮想の人造記憶に肖った傲慢を
真っ黒な歪んだ鳴音で塞いでみよう

遷ろう命の平穏は不平等らしいが
くぐもった日々の明暗はまだ未明のようだ
逆らった人の心臓にかじかんだ妄想
澄み切った雨の本心に現身は無いからさ

君も気づいたの?頭の妙な矛盾
細胞に触れたtautologyが
全てを壊していく

失っては灰になったって
寄り添っても雨が降ったって
囀った君の心音が嘘と壊れていく
最低だって抗いたくないのに
こんな渦に飲み込まれていく
蹌踉めいては後退ったって
捨て去っては憂いを買ったって
犇めいた人の心音を日々に定めたから
真実の犠牲者になる前に...

静音が走った雨の日
薄まった永劫に幻想の思考の安寧を重ねてみよう
狭まった矛盾の典型思想に憚った慢心を
真っ白な奇想の天啓に委ねてみよう

無実な君も気づいたの?触れたら御終いさ
哀傷に暮れた妄想癖が頭を壊していく

争っては崩れ去ったって
漂っても憂いになったって
引きずった足の震音が霧に飲まれていく
最低だって苦しみたくないのに
こんな嘘を刷り込まれていく
抗っては一人泣いたって
過ぎ去っても日に沈んだって
騒めいた人の心音を海に流したから
心象の支配者になる前に...

澄み切った雨の中漂うように
定まった理性の性飲み込めるように
きっと意識の果てに僕を壊すような涙があると知っていたなら...

無実な 君も気づいたの?頭の妙な矛盾
細胞に触れたtautologyが
全てを壊していく

失っては灰になったって
寄り添っても雨が降ったって
囀った君の心音が嘘と壊れていく
最低だって抗いたくないのに
こんな渦に飲み込まれていく
蹌踉めいては後退ったって
捨て去っては憂いを買ったって
犇めいた人の心音を日々に定めたから
真実の犠牲者になる前に...

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/17

もっと見る

▲TOP