ねえね

投稿日:2012/02/04 23:04:32 | 文字数:414文字 | 閲覧数:41 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

GUMI Sweetオリジナル曲「ねえね」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夢見心地の雲を
泣かさないように
それとなく近づいた
晴れた昼下がり

君が笑顔になれば
頬がほころんで
ふと重なった視線が
ユニゾン奏で始めた

ねえね 君と絡まりたいの
地球の隅っこで
一緒に居てくれるよね
太陽燃え尽きるまで


Ah ありがちな未来図も
そう 受け入れたくなる 春
君と 初めてこじ開けた
心の裏表 君ばっか押し寄せて
後戻りなんかできない


独り善がりじゃないと
信じ合えたから
とっておきのしあわせを
まるごと君に贈るよ

ねえね 君と絡まりたいの
儚い惑星の上
一緒に居ればほらたとえ
太陽燃え尽きても
恐くないでしょ

君と僕の未来の
歴史の1ページ
ぎゅっと束ねた日々
それを愛でくるんでゆくの

ねえね 君と同じ未来を
二人で作ろうね
一寸ずつ 呼吸合わせて
体温 感じていてね

ねえね 君と同じ未来が

ねえね 僕と同じ未来が
呼び合うように
混ざり合うように
ほらね 生まれてゆくよ

三陸産の変な生き物。
うたをつくるのが好き。
初音ミクさん、鏡音リンちゃん、鏡音レンくん、GUMIさんを使用。
twitter : http://twitter.com/thekerorist
ニコニコ:http://www.nicovideo.jp/user/4181905

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP