星降る街に描いた

投稿日:2016/06/20 23:15:24 | 文字数:445文字 | 閲覧数:140 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

流れ星にひとつ願った 二秒間の奇跡を

懐かしい思い出が灯った 星空には涙
ああ まだ幼い僕らは空の果ての果てまで

行けると思っていたんだ そんな夢叶わないのに

星降る街に描いたんだ この想いが消えちゃう前に
何度も 届いてと願ったんだ
空に手を伸ばして言うんだ 「きっといつか行けるはずだ!」と
幾つもの夜を越え 探しに行こう

昨日 流れ星を見たんだ 届きそうで届かない
ねぇ 遠い景色が何億光年先にあること

不思議だねって笑ってた 世界から零れ落ちた

星降る街に描いたんだ この想いが消えちゃう前に
何度も 願いを込め歌うよ
最終便の切符を握りしめて君のいる街に
届ける あの空に連れ出して行こう

汽笛の音が聴こえたんだ きっと幸せを祈ってるね
いつまでも続く物語だ
世界中の人巻き込んで 遥か先まで響いてゆく
永遠が空を舞うよ

星降る街に描いたんだ この想いが消えちゃう前に
何度も 願いを込め歌うよ
あの時見た流れ星にこの想いが伝わったのかな?
二秒間の奇跡 今光った

(プロフィールはありません)

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    お借りしました!

    2016/06/22 20:31:40 From  sume_red

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP