春の風

投稿日:2019/04/08 00:42:00 | 文字数:403文字 | 閲覧数:55 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

月に2回くらい、病院に通院しているのですが、帰りの電車、
ホームを離れる時に 浮かんだ光景です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「春の風」
1番
A
君の登録 やっぱ消せない
画面の名前 寄せてる想い
着信を取って しまうんだ僕は
呼び出しがかかり 解ってる会話

B
けれども電車
乗ってる僕は
君に会えるのが
スゴく嬉しくて

サビ
桜の花が 暖かな陽気
わたあめみたいに フンワリ咲いてる
待ち合わせ場所で 約束の時間
弾んでる胸が 君に彼いるのに

2番
A
彼の相談 君の表情
沈んでいるね 笑って欲しい
似合うから君は 微笑んだ顔が
複雑な気持ち 隠しては聞くよ

B
ホントは僕が
彼より君を
出来る幸せに
自信あるけれど

サビ
桜の花が その肩へ落ちる
一枚ハラリと 僕の手触れてる
愛おしい君へ それくらいしかね
この距離が埋めれず もどかしい心が

サビ
桜の花と 見送った君を
ホームで僕へと 笑顔を見せてる
去り際の声が 「ありがとう」言った
「またね」とは次に 誘う事出来ない

虚しくて春の 風吹かれ佇む

初めまして。独自で 作詞活動を しております、まろん/呼都玻(kotoha)と 申します<(_ _*)>何故に 2つの名前かと 申しますと プロの作詞家を 目指して おりまして、これから 応募 コンペ用の 名前は 呼都玻(kotoha)プライベートで、書く詞は まろんと 作詞家名を したいからです。曲先を 得意と します。曲を ご提供いただける 作曲家様を 探しに サイトに 登録させて いただきましたm(__)m 若輩者では ございますが、何卒よろしく お願いいたします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP