鏡の物語

投稿日:2009/01/27 22:03:42 | 文字数:398文字 | 閲覧数:87 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

初投稿です。
鏡で書きたい!と思ったら早速授業中モクモクと作詞
初めてなのでいろいろおかしいのですが・・(汗
曲を作るときに使っていただけたら嬉しいなぁ・・と。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

森の中にひっそりと
隠すようにたたずむ鏡
まわりは一面花畑
色鮮やかに染めていた

鏡は私を映さずに
現れたのはもう一人
もう一人の
――私・・?――

壁越しの再開
愛しき片割れ
重ねたその手は
虚しく遮られ
届かないこの想い
越えられぬこの世界


森の中のその場所へ
通うのが私の日課
花に囲まれ微笑んで
笑い声は二人分

鏡の君は出られずに
私が帰ればまた一人
また一人で
――さびしい・・?――

鏡越しに挨拶
愛しき片割れ
重なるその声は
綺麗なハーモニー
届くのはこの声だけ
越えられぬこの身体


君を探す月の夜
涙こぼれる蒼い瞳
全て鍵となり今
奇跡は起こる


破片飛び散る鏡
愛しき片割れ
君を抱きしめれば
温かなぬくもり
届いたこの願い
与えられた幸せ

森の中片割れは
これで一つになった
君をもう離さない
さよならは要らない
届いた神様に
最初で最後の・・・・お願い

慣れない高校生活もひと段落してきたのでそろそろもぞもぞと更新を再開しようかと(笑)

勝手にブックマーク申し訳ありませんorz

友達の特訓により最近は絵もたしなむ。本当にちょっと。

あと、こっそり歌います。…そこまで音痴じゃないと思う。

MIXは自分で。だって人見知りなの←

コラボしてくれる人を切実に募集してます(o・ω・o)





素敵アイコンはUuGA様に作っていただきました!

UuGA様→http://piapro.jp/mi0039

感謝感謝です。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP