万華鏡の蝶

投稿日:2010/04/02 18:45:07 | 文字数:373文字 | 閲覧数:434 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

巡音ルカかMEIKOイメージの「和風(を目指しました)歌詞」です

情景を、万華鏡のような美しさ、儚さ、寂しさにしたくてこんな感じに。

物語としては

巡音さんは大和撫子のような着物をまとう踊り子さん。
想い人は、戦のため傍には居ない。
一日を通す中で、綺麗な万華鏡を見ても、風車で遊ぶ子供を見ても、
心地よい月夜の光を眺めても、
結局は想い人のことが気になってしまい、寂しくなってしまう。

想い人も、私も、生きてる人はみんな、上手く舞う(=生きる)ことなどできない。
何かに躓き、這いずり、血を滲ませ、死んでしまうかもしれない。
何かに苦しみ、哀しみ、目を瞑って、逃げてしまうかもしれない。
でも、そんな中でもやっぱり世の中へ向かっていく。前へ進んでいく。

巡音「あなた(想い人)は、戦へ挑むのですね」

私は待つことしかできない。
万華鏡のように、周り続けることしかできない。
(人に綺麗だと思われても想い人のことを考えると、心配で色を失ってしまう。)

巡音「あなたの帰りを待つことしか、できないのです」

という物語。

一応、

A→B→サビ→A→B→サビ→サビ

という流れと同じくして、一日の流れになっています。



和っていいなあ(*´д`*)

なんか切ない感じがするし、着物とかなんか魅力があるわあ(*´д`*)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
くるくる回る万華鏡の華
手をとり、笑い、踊る色
光が漏れて輝きも増し
誰しも、見つめ、綻ぶ表情(かお)

B
たじろいだ、刹那
景色は色を変え
薄紅の蝶らしからぬ
音に彷徨う

サビ
人は皆、上手くなど舞えはせず
躓き、這いずり、血を滲ませ
ひしめく世渡りへ向かうので
心苦しく思います

ただ、帰りを待つのです

A
くるくる回る風車の羽
手をとり、駆ける、子供たち
夕暮れ魅せて儚くも散る
御伽の、夢は、どこか哀し

B
空あおぐ、月夜
明かりは脆すぎて
薄紅の蝶らしからぬ
音に彷徨う

サビ
誰しもが、上手くなどできはせず
苦しみ、哀しみ、目を瞑って
ひしめく世の中へ向かうので
心寂しく思います

サビ
人は皆、上手くなど舞えはせず
躓き、這いずり、血を滲ませ
ひしめく世渡りへ向かうので
心苦しく思います

ただ、帰りを待つのです

アイコンは桜木蓮様(http://piapro.jp/sakuragiren)にお借りしました(bω`*)
有難うございます。

幾つかライセンスにありませんが
どの歌詞を使う場合にもcancelの名前を入れてくれれば幸いです。



マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/16913678
アメブロ→http://ameblo.jp/cancel-kira/

ツイッター:http://twitter.com/cancel_kira

何かあればツイッターなどのほうが返信早いです。


歌詞を書き始めて、7年。
ピアプロに登録して、4年。

あくまでも自己表現の場として使っています。
幾多の黒歴史を作り上げ、今も更新中です。

せめて7年前より、文章らしくなっていますように…。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP