新しい街で

投稿日:2014/04/05 01:37:33 | 文字数:707文字 | 閲覧数:51 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

どんなに今が不安でも僕は歩いて行くよ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

キレイなものキタナイもの
思い浮かぶだけ紙に書いていく
僕を構成するものはなんだろう
白い紙がいつのまにか真っ黒に埋まっていた
目の前に広がるのは灰色の空だ

慣れた場所にさよならして降り立った街はなんと恐ろしいものだろう
溢れそうな弱音を胸の中に押し込めていつのまにか地面を見てた
輝いていたはずの道(未知)が真っ暗になったとき僕は一体何を見る?

僕は夢に向かって歩いているよ
一人寂しい街のなかで 大きな空の下で
僕は夢に向かって歩いているよ
淋しさ堪えて 涙を堪えて いつかたどり着くはずの未来へ
いつまでも歩き続けたいよ


キレイなものキタナイもの
思い浮かぶだけ紙に書いていく
僕を構成するものはどれだろう
白い紙がいつのまにか涙で濡れていた
目の前に広がるのは青色の空だ

いつのまにか慣れていた新しいこの街はなんと暖かいものだろう
溢れてしまった弱音が胸の中を真っ白にしていつのまにか前を見てた
真っ暗だったはずの道(未知)が透きとおったとき僕は一体何を見た?

僕は夢に向かって歩いているよ
仲間ができた街のなかで 大きな青空(そら)の下で
僕は夢に向かって歩いているよ
笑顔を零して 涙をこぼして いつかたどり着くはずの未来へ
いつまでも歩き続けたいよ


涙流してみた空は綺麗だった
弱音吐いてみた道は澄んでいた
強がりだけじゃない未来(さき)は何よりも輝いて見えた
僕は僕なりに生きています


僕は夢に向かって歩いているよ
一人じゃない街のなかで 大きな世界の中で
僕は夢に向かって歩いているよ
足を踏ん張り 前を見据え いつかたどり着くはずの世界(未来)へ
いつまでも歩き続けていくよ

Name:由月-yuduki-

▽自分▽

あまりじっくり考えず、自分の気持ちや現状を歌詞という形を借りて書いています。
歌詞と言うにはあまりに拙い詩ではありますが、少しでも共感できる物があれば嬉しいです。

自分は曲をつけることができませんので、曲を一緒に完成させてくれる方を待っています。
図々しくはありますが、どうぞ力を貸してくださいませ。
歌詞の改変は可能です。


今は自分の夢に向かって進んでいます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP