「VOCALOID HEARTS」~第21話・革命の胎動~

投稿日:2014/02/11 12:36:49 | 文字数:4,949文字 | 閲覧数:274 | カテゴリ:小説

ライセンス:

皆さん、今晩は!
いよいよ5月か…また夏バテの季節が…
というわけで、今回は21話を投稿させて頂きました!

前回も含め、今回も最後まで拝読して下さった皆さん、本当にありがとうございました!
メッセージ並びに、ブックマークしていただいた読者様に重ね重ね感謝を!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

僕は鏡音レン。
ここ暫くの間、毎日が驚く事の連続で何だか気持ちが落ち着かない。


今日もルナさんから告白されて…と言っても勿論¨愛の告白¨じゃないからね!


その後、僕は数年前にMARTへやってきたルナさんに初めて出会った時の事を思い出した。


…今でも覚えてるよ。











メイコ「…嫌よ!!」


カイト「めーちゃん、分かってくれ…ルナはもう俺達の敵じゃないんだ。今はMARTの一員で大切な仲間だ。」


メイコ「…大切な仲間、ですって?まさか忘れたって言わないわよね?この女は私やカイトの命を狙っていたのよ!?私達の目の前で仲間を殺そうとした時もあった!そんな奴を仲間にする?馬鹿言わないでカイト!」





メイコは厳しい表情と態度でカイトに迫った。
元トリプルエーの天音ルナを仲間に迎える?信じられない、といった感じに。


だがカイトは何とかしてメイコを納得させようと試みていた。
だがメイコのその表情は壁そのものだった。





カイト「ルナは変わったんだ。確かにこれまでの戦いで幾度と無く俺達とぶつかった。だけどMARTの事を知って、俺の思いを聞いて信じてくれた。ルナはめーちゃんの知る悪い奴じゃな…」


メイコ「嘘よ!信じないわ!ふざけないでカイト!」


カイト「気持ちは分かる、だけどめーちゃん…」





パチンッ!
きついビンタの音が、むなしく部屋に響き渡る。
不意の痛みで、カイトは思わず顔を押さえた。





カイト「痛っ…!」


メイコ「…今の私には、もう信用できないわ。カイトも、ルナも…!」


カイト「…待って、めーちゃん!」


メイコ「…もう知らない!!」


カイト「めーちゃん…!!」





遂にメイコは我慢できなくなってしまい、この場を飛び出した。その目に涙を浮かべながら
その後に残ったのは、沈黙だけだった。


棒立ちになったカイト。そしてずっと2人を見ていたルナが口を開いた。





カイト「めーちゃん……」


ルナ「…無理もありませんわ。例え貴方がそう思わなくても、あの人にとって私はいつまでも悪夢を植え付けた¨魔女¨なのですから。」


カイト「ルナ…」





ルナは暗く、重々しく言った。メイコが自分を憎んでいるのが誰よりも分かっていたからだ。


そこへ起床してきた鏡音レンの明るい声がやってきた。
レンはいつもと変わらず、カイト達に笑顔を向けようとしていた。





レン「おはようございま……あれ?カイトさん?」


カイト「レン君…」


レン「カイトさん、この人は?」


カイト「あ、ああ。この人は今日から俺達の…仲間になってくれる天音ルナさんだ。」


レン「初めましてルナさん、鏡音レンです!」


ルナ「…宜しくですわ、レン君。」





ルナは少し微笑んだ…といっても作り笑いだったが、何の抵抗も無くやってきたレンの方に歩み寄っていった。


だがそれを見たモモが突然ルナの前に立ちはだかった。
その場にいた全員が一体どうしたのかと思った。





モモ「…ごめんなさいルナさん。レン君に近寄らないで下さい。」


レン「…モモさん?」


ルナ「…貴方も、私を許していないのですのね?」





ルナはほんのちょっと、睨みつけるようにモモを見た。あたかも敵を見るような目で。
だがそんなルナにモモは動じていなかった。





モモ「いいえ……ルナさん、私はあなたの事を信じたいです。私はメイコさんのように、ルナさんへの恨みはありません…でも1つだけ無理な事があるんです。」


ルナ「…………………」


モモ「今のルナさんに、レン君へ近寄らないで欲しいんです。」


カイト「モモ、お前…」


ルナ「…どうしてですの?」


モモ「今のルナさんは…とても怖いんです。カイトさんからお話を聞いてルナさんは昔は悪い人だったけど、今は良い人なんだって分かりました。」


ルナ「え…?」


モモ「それでもルナさん、あなたの¨目¨がまだみんなに牙を剥いているように…見えるんです。だからそんな人を、レン君に近づけたく無いんです。」


ルナ「…そう。そうですわよね。」


モモ「ごめんなさい…どうか気を悪くしないで下さいね。」


ルナ「…いえ。貴方の言葉はごもっともですわ。私はこれまでずっと、無知の場所で無知の知識を与えられ、罪悪感も無く知らず知らず最悪の罪を犯してきたのですから。なら目や心が汚れているのも、必然と言う事ですわよね?」


モモ「ルナさん…」


ルナ「…私の¨目¨がそうなら、早く皆さんに近づけるように…心を入れ替えなければいけませんわね。」





ルナは目をつぶって、下斜めを向いたままゆっくり椅子に座り込んだ。


その日は満月の夜で、MARTの本部には明るい月の光が射していた。


カイトの方には見えていた。月光に照らされたルナの右目から落ちた小さな涙が。


この頃が、天音ルナにとって一番辛かっただろう。
自分の過ちの重さ。
それが改心したルナに、大きくのしかかった。





ルナ「私は…」










…そうだ、あれからもう何年が経ったのかな?
気がついたらルナさんのいる生活が当たり前に、ルナさんのいないMARTが考えられなくなっていた。


ルナさんが昔MARTの敵だったとか、もうそんな事は関係ない。
僕もみんなも、ルナさんの事が大好きだから。


今となっては、メイコさんも同じ気持ちの筈だ。





レン「ただいま!」


ルナ「ただいまですわ。」


いろは「あ、お帰りなさいですにゃ!」


メイコ「2人ともお帰りなさい。これから夕食の準備があるんだけど、手伝ってくれる?」


レン「分かりました!」


ルナ「勿論ですわ。」


メイコ「今日はね、ルナの大好きな月見団子を作ろうと思ってたのよ!」

ルナ「メイコさん、まだお月見の時期じゃありませんわよ。」


メイコ「いいのいいの。月見なんて別に時期じゃなくても良いじゃない。それに今晩は晴れだそうよ!」


ルナ「それなら、今夜はベランダでみんなと月見パーティーですわね。」

メイコ「良いわね、そうしましょ!」


ルナ「ふふっ、多めに作らないと団子の数が足りなくなってしまいそうですわね。」


レン「ルナさん、団子一緒に作りましょうよ!」


ルナ「よし、それなら私とレンで幾つ団子を作れるか競争ですわ。」


レン「負けないですよルナさん!」


ルナ「いきますわよ?」

レン「はい!」


メイコ「あの…ルナにレン君?」


ルナ・レン「はい?」


メイコ「まだ生地の準備すらできてないんだけど…?」


ルナ・レン「あ……」


メイコ「もう、2人ともせっかちなんだから。」


ルナ「ふふっ…!」


レン「あはははっ!」





私はMARTという大切な家族ができて…とても幸せですわ。
本当に良かった。こんなボーカロイド達と出会う事ができて。


みんな、ありがとう…!今の私は本当に、幸せだよ…!










そんな幸せに包まれていたルナに、一本の電話が。





¨プルルルルル…¨





メイコ「はい、こちらMART北部支局です。」


???「失礼ですが、そちらに天音ルナという方はいますか?」


メイコ「ルナですか?ええ、います。貴方のお名前は?」


???「申し訳ないのですが、ご本人でなければお話できません。ルナさんと代わって頂けますか?」


メイコ「分かりました。暫くお待ち下さい。」


ルナ「メイコさん、どうしましたの?」


メイコ「貴方に代わって欲しいらしいの。名前は本人じゃないと名乗らないって…」


ルナ「…代わりますわ。」





ルナは恐る恐る電話に出た。名前を名乗らない相手の電話に出るのはいかがなものか…


嫌な予感がする。
そう思うのとは裏腹に、ルナはちょっとした¨興味¨をもっていた。





???「天音ルナ、だな?」


ルナ「どちら様ですの?」


???「ああ、名乗る必要は無い。ちょっとした朗報と悲報を届けてやろうと思ってね。」


ルナ「何を…?」


???「朗報からいこうか。キミ達の大嫌いな理事会とトリプルエーは、暫くの間はMARTに手を出さないだろう。」


ルナ「…手を出さない?どういう事ですの?」


???「距離を置く事にしたのさ。例の¨銃撃事件¨によってな。」


ルナ「銃撃事件…カイト総長が襲われた、あの?」


???「次に悲報だ。天音ルナ、今日をもってキミはとある組織に狙われることだろう。」


ルナ「!?」


???「人気の無い場所を通る時は、せいぜい気をつけるんだな。」


ルナ「さっきから何を…」


???「月から舞い降りた女神、キミに幸あれ。」





¨ガチャッ、ツー、ツー¨





ルナ「…………………」


メイコ「ルナ、何があったの…?」


ルナ「…何でもありませんわ。私に対するただのイタズラ電話だったようですわ。全く最近のボーカロイドはモラルというものが欠けてしまっていますわ。」


メイコ「そう…」





メイコは分かっていた。ルナが明らかにごまかしているのが。
メイコはルナのように読心術をもっている訳ではないが、その感じからしてただの悪戯電話だったとは思わなかった。


ルナは何かを思い詰めたように、自分の部屋へと戻っていったのだった。


メイコはそれ以上、話を突っ込む事ができなかった。





そのまま夜が明け、いつもと変わらない朝を迎えたのだった。
今日でMART北部支局を離れ、東京の本部に戻る予定になっていた。





カイト「よし、準備もできたな。じゃあ出発しようか。」


メイコ「本当ならルカが帰ってくるまでいたかったんだけどね。」


カイト「仕方ないさ。いつまでも本部を離れている訳にはいかないからな。」


モモ「いろはさん、ルカさんに宜しく伝えて下さいね!」


いろは「分かりましたにゃ!帰り道は気をつけて、行きはヨイヨイ帰りはコワイですにゃ。」


カイト「おいおい…いろは、縁起でもないぞ。」


いろは「ごめんなさいにゃカイトさん。」





いろはは悪戯に笑った。こうしてMARTの一行は東京に帰るのだった。
再び、命を懸けた戦いの備えをする為に。


そして別れの時が来た。ルナは世話になったいろはに礼をした。





ルナ「お世話になりましたわ。」


いろは「いえいえ、またいつでも来て下さいにゃ。ルカさんも喜びますにゃ!」


リン「いろはさん、また遊んで下さい!」


レン「僕達のMART本部にも、いつか来て下さいね!」


いろは「嬉しいにゃ…鏡音ちゃん、また近いうちに会いたいにゃ!」


カイト「さあ、リンちゃんとレン君も行くぞ。」


リン「バイバイ、いろはさん!」


レン「さようなら、いろはさん!」


いろは「みんな、元気でにゃ!」





いろははとっても嬉しそうだった。だがそれとなく名残惜しそうな感じがしていた。
本当に短い時間であったが、それはリンとレンも同じだった。


別れの時が近づく。
でも東京行きの飛行機は待ってくれない。
MARTの一行は、いろはに見届けられてこの場所を後にした。





いろは(カイトさん、後は頼みましたにゃ。私達ボーカロイドの未来を、どうか…!)


カイト(いろは、任せろ。成し遂げるさ…俺達の手で必ず…!)





2人はまるで心の内で通じ合っているような想いを持っていた。
そしてそれは、未来への希望を託した想いだった。



全ては、アンドロイド達の未来の為に。
カイト達MARTは、これまでに無い果てしなく強大な敵に戦いを挑む。


たとえそれが、蟷螂の斧を振るような戦いであるかもしれないと、心の何処かで思っていても。

 初めての方は初めまして、オレアリアと言います! 最近、さりげなく名前変えました(笑)
 様々なクリエイターさんの創作作品を見たい思いでピアプロにやって来ました。そのピアプロのユーザー様のおかげで、底辺の作家ながら今日まで創作活動を続けられています。

 現在はシリーズものを中心に、番外編も交えながら小説を書いています。イラストは自身の画力不足で、とてもうpできません…でも、ごくたまに晒すかも? そんなワケで、ここでは身内や友人のイラストを投稿させて頂いています。更新の方は自身の都合上で、なかなか思うようにできていませんが、時間の合間を縫いながら少しずつ書いています。
 なお、7月下旬から「VOCALOID HEARTS」シリーズ多数が注目の作品入りしています。こんな駄作が…ありがとうございます!

 軽い挨拶と紹介になりましたが、皆さんよろしくお願いします! 余談ですが、カラオケでの十八番はいろは唄とかだったり←

 メッセージ等は必ずお返しします…とか言っときながら返信おせーよ!
 お友達やフォローも大歓迎です!(フォローして下さる時は、メッセージで報告して頂けると、フォロー返しがしやすくて嬉しいです)

 プロフ画像の重音テトは、リア友のwestさんが書き下ろしてくださいました! 絵のイメージは「VOCALOID HEARTS」作中に登場する査察部隊・トリプルエーのテトからです。
 
 2014年も、よろしくお願いします!

・ツイッター
http://twitter.com/ocelot0207
・ユーザーID
ocelot0207

※現在、7話~21話までのボカロハーツの文章とストーリーを修正しています。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんにちは! コメ遅れてごめんなさいませ。

    さて、前半最後のお話ということで、後半につながる形で展開していきましたね。さて、狙っているのは誰なのか? 楽しみです。

    そして、なにげに”いろは”さんの”にゃ”口調が好きだったりしますにゃ。私もシリーズ通して、ミクさんキャラの口調はほとんど”ミクミク”だったりしますので、結構くせになりますよね。

    さて、後半は書き方を少し変えるとの事で、結構、興味津々だったりします。私は頑固に変えてないしなぁ。

    ブクマも頂きました。ではでは~♪

    P.S 天候不順で気温差もありますので、是非ともご自愛くださいませ。

    2012/05/02 16:05:53 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    enarinさん、今晩は!
    いつもながらメッセージのお返事が遅れてしまい申し訳ありません(汗)

    今回の21話でボカロハーツの前半が終わり、この物語の節目になりました。と言ってもまだ後半に入る雰囲気があまりしないままですが…w
    ルナを狙う者の正体についても、ストーリーの終盤に明らかにしたいところですね。

    いろはの感じはこのボカロハーツでは少し異色(?)のような感じになってます。enarinさんのミクも¨ミク¨が口調になってますよねw

    口癖が無くても良かったようにも思いましたが、語尾に¨にゃ¨がつくキャラがあっても良いかなって考えました。
    その方が魅力があって←
    リア友の意見もあって、「より小説らしくしようか…」と思い、次回から文体を変えてみようかなと考えました!
    どんな感じになるかは大体構想はできているのですが、良い方向に向かうのかが不安です…

    ブックマーク本当にありがとうございます!
    enarinさんのメッセージも大きなモチベーションになっています。
    今回も拝読して頂いて、重ね重ねありがとうございました!

    追伸:5月にも関わらずこちら京都は強く寒い風が吹いています…おぉ、さみぃ……
    体調にも気をつけます!

    2012/05/13 18:33:14 オレアリア

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP