メロウバースデー・イヴ歌詞

投稿日:2015/01/15 17:06:26 | 文字数:499文字 | 閲覧数:813 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

こちらの楽曲の歌詞です
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25338523

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

明日から被り物は禁止 七曜の指折りはお終い まだまだあっちこっちしないとね 信号機 邪魔しないで
時計広場 踊る小人たち飛び出すのを待ってる 長いようで短い魔法があとちょっと鐘の音で消えちゃうな
物陰に隠れてみる
もう街の水銀灯がくゆり揺れている
明日に見つかれば知らないわたしに変わってしまう
ショーウインドウの猫は片耳曲げて
プレゼント抱えていた 赤いリボンだった
金木犀が逃げた主役の無い公園
低くなる灰色の天井
キャンドル通りを天秤歩きで
演じる爪先どこへ行こうかな
追い抜くたび小さくなる等身大の街並み
「私」は「誰」でもなくて巡りたがる夜を閉じ込めたくて
育ち切らない憧れが 明日染まる色に溶け合うことを拒んでいる くすんだピアノが遠く鳴っている 下手くそな旋律を宙に溶かした
拙くても、感じて、戸惑って、全部のことを 揺らいだとして、まだ描いていたくて アンドロメダを吸い込んだ瞳たゆたう私の記号を教えて
水銀灯がくゆり揺れている
明日に見つかれば知らないわたしに変わってしまう 角度を狭めていく針の合図 思ってたよりもずっと静かで
零れだす六花 それが最初の私を染めて解けた

初めまして、ユジーと申します。主にボカロとかBGMとかで作曲したりしてます。

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP