光明絢爛

投稿日:2016/03/01 16:57:03 | 文字数:202文字 | 閲覧数:131 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ひらひらりと舞うは桜花の吹雪
旅往く者へと彩りを示す

留められぬこの情勢は
滾る紅蓮の焔の様
風よ雷よ
暗雲を祓い給え



草紅葉踏みしめ大地を駆け
虫時雨響く野山を抜け
一期一会の出逢いと別れ
幾千の願いを聞き届く



宵闇に浮かぶ月舟は
なにを想うてゆらゆら揺れる
待宵の雲間から射す光
月の宴を優しく照らす



天照す光の温もりは
慈しみ深き母の様
この身を惑わす暗き路
眩き光明照らし往く

音楽を作ったり、手芸をするのが好きな生物。ギター大好き。

この作品URLを含むツイート1

  • 【初音ミク・巡音ルカ】 光明絢爛 【オリジナル曲】

    by 昼行燈さん

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP