命の重さについて考えてみた

投稿日:2019/10/29 22:01:14 | 文字数:489文字 | 閲覧数:37 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

命の重さについて考えてみた


ある日の朝に君が動かなくなってしまったんだ
どうしたの?

おしゃべりもなくて ボールを追わなくなってしまったんだ
動かないの

動かない君は食事もしないで 永遠のように眠ってるの
周りの人達がそれを見て言うの
「命の重たさをしらないの?」と

ある学者は言った
死んだ時、体が5g軽くなったらしい

僕は君の心臓を取り出して量った
命の重たさを知りたくて

君の命は軽かったんだ
300gしかない
でも君が動かなくなって
僕の心は重たいんだ


命の価値だとみんなが言うけれど 宝石のように高価なの?
僕と君とでは命の価値は違うのだろうか 同じだろうか


町の隅の質屋 君の心臓を持ち 価値を聞いたら二束三文
僕は君の心臓をナイフで切ってみた
命の値打ちを知りたくて

君の命は赤かったんだ
ドロドロと濁っていた
でも君が笑った時には
僕には輝いて見えたんだ


君の命は軽かったんだ
300gしかない
でも君が動かなくなって
僕の心は重たいんだ

命の重さがわからないよ
価値もわからないんだよ
でも君が動かなくなって
僕は涙を流してたんだ

音楽の経験も知識もないですが、趣味として音楽を始めてみました。
目標は、自分が作った曲を誰かに歌ってもらうことです!
最近はイラストと動画も挑戦中です!

今はコラボに勤しんでいます!
コラボしてくださる方、よろしく願いします!

ニコ動マイリスト:mylist/66017153
Twitter: https://twitter.com/sumitetuitter

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【重音テト】命の重さについて考えてみた【オリジナル曲】

    by すみてつさん

▲TOP