あの日

投稿日:2017/10/11 20:49:56 | 文字数:581文字 | 閲覧数:79 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あの日聞こえた僕の声 ごく普通の昼下がり
ある日聞こえた神の声 ただ短い夏の夢  
一つのお告げで悟った僕なんかにとってはさ
ある日受けたこの傷が深すぎたのだろう

あの日願った僕の夢
あの日僕の描いた宝物
忘れたくなかったものたちは
まだ他にもあったはずなのに
今に見えているこの景色は
こんなにもくすんでいたろうか
かつて見えていたこの風景が
汚れていなかったかどうかなど
今の僕にはわかりやしないけど
 
ある日見たはずの叙景 ごく普通の白昼夢
ある日言ったはずの話 ただ儚い朝の霧
二つ目を失くしてしまった僕なんかにとってはさ
ある日受けたこの響きが浅すぎたのだろう

あの日笑った僕の声
あの日泣いた僕の思い出は
おぼろげに記憶に光を当て
形を残さずに消えてゆく
昔に見えていたこの世界は
一体どんなものだったろうか
思い出せない僕の歴史を
ほら今で塗り替えていこうよ、さあ!


あの日願った僕の夢
あの日僕の描いた宝物
忘れたくなかったものってのは
これで合っているのだろう!

あの日願った僕の為
あの日僕の抱いた空想を
忘れたくなってしまわぬように
誇らしげに目の前に掲げて
昔に夢見たこの世界は
もっときらめき輝いてただろう?
過去の理想を手探りで
求め続けよう
あの日見た景色を
未だ持つこの憧憬を
今からこの僕のこの手で
探し続けよう!

・プロフィール
○校に通っている学生です。
ニコニコ動画で作曲させてもらってます。


Twitterとかで気軽に絡んできてください!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • あの日(On.Vocal)

    by Saltlessさん

▲TOP